FC2ブログ

「春をお届け」・・山野草編

”○○殺すにゃ刃物は要らぬ、雨の3日も降れば良い”、これは江戸時代の都々逸だ。
現代ではそんな事は無いだろうが・・marukeiは当てはまる。

”散歩”、”写真”、”日常のリズム”、雨が降ればどれも難儀だ、散歩が出来なければblogの記事もなしだ。
お天気マークは4日連続で  マークが続く。

それならば、歩いて撮り貯めしよう、そして訪問してくださる皆様に”春を届けよう”と思った。

晴天の日曜日、午後から一人で1区間の高速道路を走って目的地へ。

IMG_6178.jpg

最初のお届け春は・・・「山野草」編、里では見られない春の山野草達、”カタクリ”の愛らしい花がTOPを飾る。

散歩が出来ない場合は、「野の花編」、「木の花編」を記事にする予定、散歩が出来たら散歩記事を優先することにする。



向かった先は愛知県緑化センター、豊田市の郊外にある広大な園だ。
山野草も自然育成してる、山に行かなくても愛でられる貴重な園だ、最初に向かったのは”岩石園”
ロックガーデンとも言う、この環境が山野草に好ましいのだろう。

IMG_6175.jpg

咲いていたのはヒマラヤユキノシタだけだった。

IMG_6174.jpg

決して珍しい野草ではないが綺麗だ、オキナグサも芽を出していなかった。
岩石園の奥は雑木林だ、ここに目的の山野草があるはずだ、くまなく探してみた。

IMG_6172.jpg

探し当てたのは”ミスミソウ”、雪割草とも言う。

IMG_6171.jpg

一昨年と昨年、2回盗掘された、極端に少ないが無事な姿を確認出来た。

IMG_6170.jpg

北国に春を告げる”雪割草”、自生の花は美しい。

一旦岩石園に戻って下に降りてから斜面を登り返す、ここはカタクリが咲く場所、遠くからでも見えた。

IMG_6166.jpg

見飽きない美しさだ、昨年よりも数が増えていた。

IMG_6173.jpg

marukei夫婦はカタクリに勝手な名前をつけて呼んでいる、「タツー娘」だ、その訳は?

IMG_6167.jpg

覗かずにはいられない、濃い紫の”入れ墨”に見える花の中の模様、今回も這いつくばって覗いた。

福井にそびえる”能合白山”、1600m付近で見たカタクリは7月、夫婦で感動した思い出がある。

斜面を降る、次の野草を探した。

IMG_6180.jpg

咲いていた、”キクザイチゲ”の花、山地や高原に咲く早春の山野草。

IMG_6179.jpg

「春のはかない草花」(スプリングエフェメラル)とも言われる、清楚で愛らしい。

IMG_6182.jpg

多年草だが昨年より数を減らしていた、年々増えて欲しい山野草だ。

ロックガーデンと周辺の雑木林の山野草探しは大満足しながら終了、園の外周などを歩き回った。

=== 「野の花編」、「木の花編」 ===に続く。

昨日も今日も雨、雨・・・小ぶりを狙って傘差し散歩した、次の記事は散歩記事になりそうだ。

コメント