FC2ブログ

散歩日和は続く

暖かい!、風も弱い!、うららな日射しが心地よい。

IMG_6276.jpg

ミツバチが花粉玉をこさえながら花から花へ動き回る。

花粉玉はミツバチの幼虫の食べ物、密も大切だがそれ以上かも知れない。

タンポポとミツバチ、単純な写真だが”春の柔らかさ”を感じられるような写真になった。



当地のソメイヨシノは未だ開花しない、蕾は膨らんでいるので数日後には咲き出しそうだ。
畦の端、鳥原川の川沿に植樹された”枝垂桜”があるので細かく観察してみた。

IMG_6264.jpg

嬉しや!、一本の木に数輪開花していた。

IMG_6265.jpg

marukeiの”開花宣言”だ、桜の種はどうでも良い、可愛らしい花が咲けば開花だ。

桜を愛でれば畦に用事なし、歩くゼ!、トコトコ歩いてカタクリの場所へ急いだ。

IMG_6281.jpg

ようやく咲いたカタクリ娘。

IMG_6282.jpg

リュウキンカと一緒にパチリ、昨年より数が減った、今年は5株しか無い、イノシシ被害だと住職さんは語る。

IMG_6280.jpg

いつもの散歩道の春の野草を今年も愛でることが出来た、自宅から歩いて回れる散歩道、幸せだ。

IMG_6283.jpg

ミツマタも満開だ、黄色い世界を広げていた。

秘密の場所へ向かった、場所は明かすことは出来ない、盗掘や荒らされるのが嫌だ。

IMG_6289.jpg

キクザキイチリンソウ、残念ながら蕾だ、里で見られる野草ではないので貴重だ。

kobaimo.jpg

そして、”コバイモ”、バイモより極端に小さな山野草、2株あった、marukeiも殆どは入れない場所だ。
後一回だけ違う日に訪ねようと思う。

岩屋堂出口からいつものようにウォーキング開始、いつもの池でお茶休憩。

kimujiro.jpg

雑草地帯の手前に”キムジロ”が咲いていた、美しい!

IMG_6292.jpg

ヒイラギナンテンの可愛い花を見たら帰り支度・・・ウッ!、良からぬ視線を感じた。

IMG_6295.jpg

”ニャン相”の悪いノラ猫に見つめられていた、この近辺で見たことのないノラ猫だった。

”はいはい帰ります、縄張り犯してゴメン”、と声に出して言ってその場を離れた。

この日も楽しい散歩を終えた、板長仕事を頑張って美味いビールが飲みたい、喉の渇きを抑えられない!!

コメント