FC2ブログ

キュウリグサ

日々に畦の土手は緑と野草に覆われて行く。

IMG_6363.jpg

marukeiが大好きな野の花、”キュウリグサ”が咲き出した畦の土手。
花の直径は2mmも無いだろう、腰をかがめて畦の斜面を探す、見つけた、”あった!”と、興奮した。



自宅前のソメイヨシノがチラホラと花を開かせた、瀬戸の北、これでようやく開花だ。

IMG_6359.jpg

昨年は4月5日ころ咲き出した、やはり1週間早い開花だ。

いつもの散歩道、畦道に入って枝垂れ桜の状態を見に行った。

IMG_6361.jpg

一本の木は5部咲き、後は赤く膨らんだ蕾の色で赤色に染まりかけていた。

IMG_6360.jpg

足元のフキノトウも花を開きかけていた、どんどんと進む春。

そろそろ咲いているだろうか?、畦に戻って毎年咲く場所で野草探し、極小の花なので
腰をかがめて斜面のハコベの下などを探した。

IMG_6367a1.jpg

見つけたキュウリグサ、季節が進めば探す必要もないほどにこの野草で埋め尽くされる。

IMG_6364.jpg

咲き始めを見つけるのが良い、数が少ないほうが貴重な花に思へるからだ。

IMG_6299.jpg

スズメノエンドウ、これも極めて小さい花、3mm前後の花径だ、春の野の花の代表格だ。

IMG_6370.jpg

オニタビラコ、4月の末から晩秋まで咲いている、今年は早い。

IMG_6368.jpg

トキワハゼも数を増やす、この野草も晩秋まで咲いている、畦や道端を彩る野の花だ。

IMG_6306.jpg

畦から鳥原川沿いに出た、雑草地帯はムラサキハハナだらけになってきた。
やはり帰化植物は強い、中国原産の野草だ、毎年のように花の咲く場所を増やしていく。

黄色い蝶が舞う・・・停まってくれと願いながら追いかけた。

IMG_6303.jpg

停まった姿を撮れていなかったキタキチョウ、オオイヌノフグリの密を吸う。

桜が咲き、野の花も咲く、そして生き物たちが野に集う・・・春は進む!

コメント