FC2ブログ

山桜の森を歩く

里はソメイヨシノが満開だ、美しい桜並木も好きだが、もっと好きな桜がある。
”山桜”だ、標高2000m級に咲く”ミネザクラ”や山に咲く白い山桜だ。

極近の森に200年以上も咲く山桜がある、そしてmarukei好みの白い花の山桜もある。
暖かい午後、森を歩いてみた。

IMG_6460.jpg

咲いていた”山桜”、緑の葉と白い花を同時に枝につける、ソメイヨシノは花が散ってから葉をつける
この山桜は花の数は少ないが、清楚で愛らしい・・・森を飾る美しい桜だ。



”山路の森”(猿投の森とも呼ばれる)にでかけた、猿投山の西に広がる森である。
自宅から車で7分、海上の森山路ゲート前に置き車、歩いて森に向かった。

最近人気の猿投山登山のバリエーションルート、林道ゲート前は6台の駐車、これ以上止められない。

IMG_6431.jpg

キブシの花がぶら下がる、初夏はサルナシとジャケツイバラが咲く場所だ。

IMG_6433.jpg

キブシの隣に咲いていた木の花・・・調べてもわからない、愛くるしい花だ。

ゲートの横を抜けて”山路の森外周道”へ入った。

IMG_6438.jpg

モミジの新緑が美しい、これだけで気持ちが良い、森の奥へ向かった。

IMG_6440.jpg

高さは20mを超えるだろう、山桜が青空に映える。

IMG_6441.jpg

胴付には山桜でも葉はない、桜の種はわからないが里で見るより可憐に感じる。

森の奥へと進む、ピンクと白が混じる世界が目の前に広がる。

IMG_6446.jpg

コバノミツバツツジとオオカメノキが混じる色の世界だ、この森は海上の森と地続きだが雰囲気が違う。
森を歩く気分は段違いにこの森が好みだ、野草が少なすぎるので人気が無いのだろう。

IMG_6449.jpg

冬の名残・・・コウヤボウキの綿毛の根本に新しく緑の新芽が開いていた。

小さな湿地を過ぎて少々のアップダウンから明るい尾根に出る。

IMG_6451.jpg

ツツジ咲く尾根道はすこぶる気持ちが良い、歩くことが楽しみだ、約40分かけて森を抜けて林道に合流した。

東海自然歩道の分岐からひたすら登り道を喘ぐ、苦手な長い坂、一歩一歩で喘ぐ、ようや雲興寺ルートの分岐へ到着。
ここから猿投山西尾根バリエーションルートに突入、木の根の狭い道を登る、又、登る。

IMG_6454.jpg

目的の山桜の木は標高400mを超える場所にある、ザレタ登山道は歩きにくい、そして疲れる。

IMG_6456.jpg

シロモジの花を見つけて一息ついた、眼の前の急坂を登れば桜の尾根だ・・・・”咲いていなかった”

IMG_6458.jpg

蕾は膨らんでいた、昨年は4月10日過ぎに咲いた、今年は里の開花が早いので前倒しに出かけてきたが
少々早すぎた、仕方なし、再訪は考えものだ・・・・理由は歩くのが辛いのだ!!(情けない)

降りは”ヤバイ”、狭くて急坂、ザレテ滑る、カメラを収納して立木に捕まりながら慎重に分岐まで戻った。

帰りは林道を歩いた、第二の目的の大好きな”山桜”を見るためだ、林道沿いにある。

IMG_6463.jpg

満開だった、花数の少ない清楚な姿を魅せてくれた。

IMG_6461.jpg

緑の葉、赤い新芽、そして清楚な白・・・決して華々しくは無いのだが”山桜”の魅力満点だ。
marukeiはソメイヨシノの桜より山桜が大好きな理由はこのシンプルさだ。

存分に桜も森歩きも楽しんだ、休むこと無く2時間以上も歩いていたが珍しく疲れも感じなかった。

自宅は近い、たった7分のドライブ、良い地に住んでいることを幸せに感じざるを得ない気分だった。

コメント