FC2ブログ

”ビンズイ”と出会った

当地では冬鳥でも留鳥と言ってもおかしくない野鳥、”ビンズイ”だ。
記憶違いでなければ今まで出会ったことも無かった気がする、岩屋堂の右岸で出会った。

IMG_6748.jpg

地味な野鳥だが”ヒョコヒョコ”と歩く姿が可愛らしい、セキレイ科なので歩く野鳥だ。
一所懸命に草の種などを探して食べていた、寒さを忘れてしばらく見つめていた。


気温は低い、ジャンパーを羽織って散歩に出る。

tutaba.jpg

5件隣の空き家の石垣にツタバウンランが咲き乱れる、住んでいたお二人は空の上
花々たちは世話をする人が居なくとも美しく咲く。

いつもの畦道へ、”風も冷たい”、先日までの暖かさはどこへ行った!

IMG_6727.jpg

オオジシバリが咲き始めた、畦は初夏の様相。

IMG_6732.jpg

何処かの庭から種が飛んできて根付いたのだろう、”十二単”が群れ咲いていた。

この日も聴こえた”ケ~ンケン!”、探してみた。

IMG_6731.jpg

民家の庭石に構えて縄張り宣言、遠くで別の雉がなく、望遠で覗いたら先日と同じ場所にいた。

kometubumekusa.jpg

コメツブメクサが畦という畦の斜面を黄色く染める、雑草は強い、畦道は寒い、寺の境内へ向かった。

IMG_6738.jpg

新緑に包まれた寺の境内は風も遮られてさほど寒くは感じない、お茶を飲んで一回り。

IMG_6736.jpg

咲きかけていた西洋シャクナゲ。

iwayatude.jpg

山野草である”イワヤツデ”が咲いていた。

岩屋堂へ向かった、極端に寒さを感じる、両腕が寒い、ジャンパーでも防げない。

IMG_6740.jpg

公園入口付近のベニトキワマンサクが蕾をつけた、クルクルパーマの花を咲かせるのも近い。

komaruhanabati.jpg

アセビも健在、”コマルハナバチ”が密集め、蜂は寒く無いのだろう。

あまりにも冷えるので帰ることにした、補修が終わった赤い橋を渡った。

IMG_6742.jpg

橋の上から”アオキの雌花”が咲いているのを見たのでズームアップ、望遠は便利だ。

橋を渡って歩いていたら目の前を横切って野鳥が川の土手に舞い降りた。

IMG_6745.jpg

ビンズイだった、スズメより少し大きい、岩屋堂にも居たんだ、初めての出会いかも知れない。
寒さを我慢してしばらく見つめていた・・・寒さで鼻水が垂れそうだ、帰ろう!!

いつもの池まで歩き通した、それでも身体は温まらなかった。

IMG_6750.jpg

ニガイチゴが咲き出した池周りの雑草地帯。

yaeyamabuki.jpg

ヤエヤマブキも黄色く輝く、池の周りは花色になってきた、カメラをしまって歩きだす。

鼻水をすすりながら自宅に戻った、暖房が入った自宅は暖かい、ホット一息ついた。

コメント