FC2ブログ

暑い日は森へ

気温は少し下がってとは言え、26度を超える夏日だ。
直接に日射しを受ける里の散歩は消耗が激しい、”暑い日は森の散歩に限る”

IMG_7097.jpg

森に入って直ぐに出会った”アサヒナカワトンボ”、何処にでもいる普通のカワトンボだが
今年の初出会い、透けた茶色の翅が光に輝いて綺麗だ。



目的は有るわけでもなし、涼しい森を歩きたい、人が少なく、川沿いで、森も浅くない・・・。
そんな贅沢な場所がある、海上の森、広久手地区の吉田川沿いの森である。

森に入るとひんやりとする、川沿いでカワトンボが飛び回る。

asahina.jpg

アサヒナカワトンボだった、新潟県以南に生息するイトトンボ、海上の森に数多く生息する。

水気のある道に蝶が降りてきた。

IMG_7102.jpg

成虫越冬したウラギンシジミだ、翅が傷んでいた。

IMG_7101.jpg

オスだった、塩分や水分の補給だ、トンボも蝶も大好きなmarukei、散歩で出会えるのが楽しい。

目的もないので野鳥の声を聴きながら赤池まで歩いた、涼しくて気持ち良い。

IMG_7104.jpg

オオルリの声に誘われて池まで登った、シオカラトンボが飛び交う池、日射しも暑い・・・森に戻った。

IMG_7105.jpg

このまま戻れば歩き足りない、少し戻って尾根に出る登りを選択、終わりかけのチゴユリ、花が上を向く特徴がある。

短いが急な登りを経て5差路に到着・・・思案の結果は尾根の降りにした。

IMG_7110.jpg

少々暑いがコナラの新緑が眩しい、見上げるだけで気持ちが良い、ゆっくりと降って屋戸方面に歩いた。
途中から屋戸湿地に向かった。

IMG_7107.jpg

最盛期は過ぎたがハルリンドウが咲き乱れていた、このように湿地の鉄道の下からも花を咲かせる。

IMG_7108.jpg

殆どが終えていたヤマツツジ、小さな池の辺りにピンクの色を飾る。

此処へ来たら探そう”ピンクのハルリンドウ”、湿地の中を3往復。

IMG_7109.jpg

一輪だけだが見つけた、蕾もたくさんある、まだ一週間は楽しめそうだ。

帰りは第一池に向かう森の道、marukei好みの道を歩いた。

IMG_7111.jpg

ウバメガシやコナラの落葉樹の道、楽しんで歩いた、そのまま車に戻った。

マアマアの距離の涼しい森の周回、やはり暑い日は森の散歩が一番だ!

コメント