FC2ブログ

新緑の瀬戸大正池

冬場は水を抜いている瀬戸大正池、今は満々と水を湛える。

IMG_7171.jpg

新緑が美しい、海上の森を代表する立ち寄り処でイトトンボを探しながらゆるりと休憩した。


歩くなら静かな森の道が良い、海上の森の最北東部、山路町から海上の里へ続く道。
駐車場も無いので人気は極端に少ない、山路車止めのずいぶん手前の空き地に置き車。

IMG_7159.jpg

車を降りたら足元にヒメハギが咲いていた、危うく踏みつけるところだった。

山路ゲートを潜って歩き出す。

IMG_7160.jpg

檜の人工林や落葉樹の森は静かだ、野草も極端に少ない森の道、海上の里までは降り一辺倒。

篠田池外周道分岐を過ぎて、やがて物見山林道のゲートにぶつかればメインの道と合流する。

IMG_7179.jpg

コミスジが飛び回る市道林道を瀬戸大正池に向かう、少しは野草も目につく。

IMG_7162.jpg

ここのチゴユリはまだ最盛期、下向きの可愛い花を斜面に咲かせていた。

大正池分岐から池に向かって歩く、到着したら犬連れのご夫婦が居た、犬は繋がれていない。
「申し訳ないが犬をリードにつないでください」と言ったら慌てたつないだ、この場所は犬連れ禁止のはずだが?

IMG_7170.jpg

目の前にはおおらかな景色が待っていた、深呼吸したら気持ちよかった、イトトンボを探した。

hosomi.jpg

ホソミイトトンボを見つけた”飛ぶ宝石”とも言われるイトトンボ、成虫越冬する。

hosomiotunen.jpg

ホソミオツネントンボも見つけた、このトンボも成虫越冬、春先の早い時期は枯れ草色だが、初夏色に戻っていた。

にぎにぎしくオジオバ隊の10名が到着、上高地の大正池を持ち出して解説が始まった。
marukeiは戻ることにした、帰り道は緩いが上り一辺倒、意識してゆっくりと歩いた。

IMG_7180.jpg

スルガテンナンショウを見つけて休憩。

IMG_7182.jpg

オオヘビイチゴの群落を見つけてはまたもや休憩、登りの道はやはり疲れる、出口まで400m付近で
ウグイスが鳴く・・・近そうだ。

IMG_7183.jpg

なかなか撮れる野鳥ではない、何故ならば姿を隠している方が多い、慌てたらピンボケになった。

逃げないウグイス、”ケキョケキョ”鳴きながら細やかに動く、カメラをしっかりホールドした。

IMG_7184.jpg

撮れた!!、久しぶりのウグイス君、鳴き方は下手だったが姿は可愛い。

出口に到着、横を見ると昨年まで草茫々だった道が刈払われていた、猿投山の西尾根に続くはずだ。

疲れてはいたが行きたくなるmarukei、進んで見た。

IMG_7187.jpg

沢沿いの泥濘んだ道を先へ先へ進むと大きな堰堤が現れた、そしてワイルドな道となった、堰堤まで歩いた
その先もワイルドな沢沿いの道だった・・・止めよう!、戻った。

通称は裏海上道、歩くだけなら申し分なし、5月過ぎにはサンコウチョウもこの道筋に現れる。
往復4km少しの道のりだが歩き終えたら疲れも直ぐに解消した、森の精気をいただいた。

コメント