FC2ブログ

瀬戸物祭り (品野地区散歩)

瀬戸市の年間最大イベント、瀬戸物祭り、9/14,15開催された。
昨年は用事があって瀬戸電に乗るついでに市街地の祭りに出かけた、何年かぶりの瀬戸物祭りだった。

しかし、万博後は陶磁器露店の場所は短くなり、整備されたストリートは単なるイベント会場だった。
飲食物の露店、陶磁器の露店は昔のような廉価物より当たり前な品物がメイン、風情の欠落としか感じなかった。

行く気がしなかったが広報で我が品野地区の会場が賑やかになりそうだった、買い物ついでに奥様と近くの
スーパーへ一緒に行ったついでに歩いて会場に向かった。

P1130240.jpg
<息子二人が通った品野中学校の売り場の目玉商品>

”品野陶磁器センター”が会場、道の駅併設、思ったより盛況、市街地会場より親しみを感じた。


奥様と別れて15分、会場に着いた、廉売のテントが立ち並ぶ、駐車場待ちの車が列をつくっていた。

P1130217.jpg

早速に見て回ったが・・・お高い品ばかりの展示、〇万円の品物も、昔は2等品や在庫品を廉価していたのだが
これでは値交渉してもしょうがない、ちっとも売れてはいなかった。

一番目についたのは”これ”

P1130218.jpg

ご当地、B級グルメの瀬戸焼きそば、需要が多く、供給が間に合わないほどの人気だ。

メイン会場を一回り、高価な陶磁器などは興味なし!
目についたのは干支の飾りもの、並みの品物だが瀬戸らしい、売れ行き好調みたいだ。

P1130220.jpg

そしてとってつけたみたいな廉価物、これが瀬戸物祭りのメインだが・・・時代は移り変わる・・・
たった3軒しか催していなかった、そして掘り出し物でも無かった。

P1130221.jpg P1130239.jpg

こういう品物のなかから掘り出し物を見つける楽しみは皆無だった。
面白くないので帰ろうかと思っていると、奥の芝生広場にも人波が流れてゆく、行ってみた。
小さなテントが並ぶ個人の出店エリアだった、京都、神奈川、石川、佐賀・・・
工房や窯元、個人の芸術作品、陶磁器にこだわらない品物が並ぶ、そしてお客様との会話も弾んでいた。

P1130226.jpg

展示も個性的、値段もピンキリ、こちらのエリアの方が楽しそうだ、念入りに見て回った。

P1130227.jpg P1130233.jpg
<京都の木製品工房:展示がそれらしく品がある・・・・・神奈川の工房:置物は2万円、高すぎまする>

本日も暑い、33度くらいはありそう、陶器の風鈴とガラスの風鈴の競演。

P1130223.jpg
<現代的な風鈴>

P1130231.jpg
<ガラスの風鈴>

marukeiはガラスの風鈴にひかれた、まだ夏模様の心になった、ガラス工房の展示はカラフル!
色と爽やかさの競演、好きな風景だった。

P1130232.jpg
<華やかさと優しさが溶け合う色の世界>

個人エリアの人気店、人が絶えない、覗いてみた

P1130225.jpg

陶器のネックレスやブローチのお店、お姉さんの会話が良い、飾らず素朴で・・・おじさん、おばさんに人気!
可愛らしいお嬢さんでした。(marukeiの〇の下が伸びかけて買いそうになった)

人込みで少し疲れてきた、テント越しに猿投山が見える。

P1130229.jpg

marukeiの性か、商品の展示も悪くは無いが、遠くに山が見えると心が安らぐ、人いきれは苦手だ。
会場入り口方面に戻る途中に小さなイベントの店があった。

飴細工の店、小さな子供が一生懸命に眼を向けている、説明しながら平然と仕上げて行く
職人さんの手・・・素晴らしい!

P1130242.jpg

そして電動ロクロ体験、1回で¥1000、高いなァ~、若い奥様が挑戦中
側で見守る男の子・・・より、後ろのベビーカーの赤ちゃんが微笑ましい。

P1130247.jpg

会場である品野陶磁器センターは大衆品から工芸品まで幅広く販売している、陶芸教室もある。
道の駅が併設されてから人が多くはなったが売り上げは伸びていないそうだ。
入り口付近の壁には”品野地区陶工歴史”の陶板壁画が飾られている、何百年の陶工の歴史紹介だ。

P1130243.jpg
<江戸時代の焼物工程の歴史を陶板で表現>

P1130244.jpg
<一部をピックアップ:のぼり窯作業風景・・・力強く勇壮>

トイレに行きたくなったので道の駅に入った、さすが瀬戸の道の駅

P1130235.jpg

織部焼き風の陶器の壁、清潔で品がある、中も陶器が使われていて快適だった。
ついでに売り場に立ち寄った、大したものは無かったが野菜が安かったので購入した。

P1130248.jpg

オクラ¥100、茄子¥70、野菜生活が主になって来ているmarukei、陶器を買わずに野菜とは・・・
我ながら情けない・・・そして茄子は不味かった、水分が無い、硬い!
こんな品物を出している道の駅は”恥だ”・・・(投書でもしてやろうかしら)・・・と、思うほど不味かった。

帰ります、25分の登り坂を歩けばイチゴのカキ氷が待っている。
会場の隣奥は土の鉱山、車では頻繁に通っていたが・・・雑草をかき分けて奥に行ってみた。

P1130252.jpg
<古く、複雑、入り組んだ鉄骨やベルト・・・好きな風景があった>

たぶん、陶土か圭砂を造るプラントだと思う、陶磁器の元になる種を造る・・・瀬戸の裏側の原風景!

満足して、歩き疲れて自宅に戻った、カキ氷がとてもとても美味かった!

*長編、最後までお読みくださりありがとうございます。
 只今、瀬戸地方は台風18号が接近していますが、雨、風ともひどくはありません。
 三重、京都、滋賀・・・群馬など危険なほど大変そうです、被害が少なくて済むように祈ります。

コメント

トラックバック