FC2ブログ

初夏の赤とんぼ

海上の森、屋戸湿地、赤とんぼが停まる。

IMG_7794.jpg

赤とんぼは”秋”のイメージが強いが初夏から飛び回る赤とんぼもいる。

名前は”ショウジョウトンボ”、全身真っ赤っ赤だ、秋まで飛び続けるトンボだ。



今年はどうしたんだろう、何回訪ねても”サンコウチョウ”の声もしない、姿も見ない。
毎年多く渡ってくる吉田川沿い、広久手の森に出かけた。

森の入口付近からどろんこの道だった、長靴必須状態、歩けないので第一池から尾根へ
そのまま屋戸湿地に向かった。

IMG_7792.jpg

湿地に向かう道はぬかるんでいなかった、ナツハゼが可愛く咲き始めていた。
花の終わった湿地は淋しい色に染まる。

IMG_7793.jpg

トウカイモウセンゴケだけが勢力を広げる、もう直ぐピンクの小さな花を咲かせる。

syoujyou.jpg

真っ赤なショウジョウトンボが停まる、6月に入ればハッチョウトンボの季節だ、その時期に訪れよう。

三脚のオジサンが飛び回るギンヤンマの飛翔写真を撮りたいらしい、狭い橋なのでmarukeiは退散。
長くて暑いが尾根道を登ることにした、先日の豪雨で道は掘れて石ころだらけ・・・歩きにくかった。

soyogo.jpg

尾根の道は花もないが”ソヨゴ”の清楚な白が慰めになった。

IMG_7799.jpg

風が抜けるこの尾根唯一の場所で休憩、昨日は前方の赤い鉄塔のあたりを歩いた、結構な標高だ。

IMG_7798.jpg

尾根の終わりに”ネジキ”が白いちょうちんをぶらさげ始めていた。

5差路から赤池方面に降って吉田川沿いに出た、狭い道は全て水の道だった。
散歩どころではない、カメラをしまってビチャビチャになりながらの700mは靴に水がしみるのに十分だった。

結局はサンコウチョウの声すら聴こえなかった、靴を拭いて車に乗った、前回上手く撮れなかった花があった。
海上の森なので駐車場に移動して花の場所へ歩いた。

IMG_7820.jpg

”ヤマハタザオ”、少しは上手に撮れた。

IMG_7804.jpg

光の正面から背景を暗くして撮ってみた、明るすぎた・・・それでも満足、少し先まで歩いた。

IMG_7818.jpg

ヤマウグイスカグラが赤い実をぶらさげていた、実を見たのは初めてだった。

靴にしみた水が鬱陶しい、帰って洗おう、そのまま引き返した。

今年の海上の森は少し変だ、オオルリが少なく感じる、サンコウチョウも見当たらない
6月初旬までは期待しよう、従って毎年のように大砲の放列もなし、静かな森歩きができそうだ。

コメント