FC2ブログ

怪奇?・・・嫌われた山(過去の登山)

登山へ行けないので過去の山をUPします。

 轡野権現山(525m)岐阜県関市近郊
  
(2008年3月) 

私達に冬場に行ける山は多くはありません。
この山に行こうと企画し、高速に乗ると必ずといってよいほど
天候が良く、御嶽や中央アルプス、などが見えるので
その都度行く先を変えていた。(5回以上)
さすがに権現様に嫌われると相方もいうので今回は
何があろうとも権現様に行こうと決めて出かけた。


大きな地図で見る

結果は散々、私は重度の突き指、相方は尻餅で臀部強打
おまけに帰宅後の写真整理で怪奇現象?現る・・・
やはり、山に不義理した罰、二度と来るなと言われてしまった。


天候は曇り、時々小雨、空き地に駐車して天候の
回復を待つ、雨が上がってきたので支度して出発。

P1060772.jpg

左からいって、右から帰る周回登山です。

P1060773.jpg

炭焼き小屋後を通過(写真の左上注目)
ここからもう怪奇のはじまり・・指でも光でもない
何かが後をつけているのでしょうか?

P1060774.jpg  P1060775.jpg

林道から登山道へ、訪れる登山者が少ないのか
少々荒れた登山道をしばらく登ると前方が開けた場所に到着

P1060783.jpg

不気味な岩の壁、そして歩く尾根が見える
暗い、静寂が益々に不気味さを掻き立てていた。

P1060785.jpg

やがて道は鬱蒼とした人工林に入る、益々暗い場所
急坂になったので撮影のためカメラをかまえて
ファインダーをのぞくと何かが動く???

P1060786.jpg  P1060787.jpg 

同じ場所の写真、すぐさま2枚目を撮影したのが右側
(帰宅後の写真整理まで解らなかった)

すぐに炭焼き窯後に到着

P1060788.jpg

暗くて不気味です、この前方を撮影しようとして
ファインダーを覗くと又、何かがモヤット動く!

P1060789.jpg  P1060790.jpg

ここも上と同様、同じ場所の写真、すぐさま2枚目を撮影したのが
右側、(帰宅後の写真整理まで解らなかった)

暗い人工林は急坂、とにかくここを早く抜けたい思いにかられ
足早に急いだ。

P1060794.jpg

井戸跡の看板があるが、どこにも池も井戸も無い
とにかく尾根にでることだけを考えた。
やがて少し明るい尾根に到着、朽ちたベンチがあった。
総じて道は荒れている、左が崩落している場所もある。
ピンクが綺麗なイワウチワの群落もあり、春は楽しめそう

P1060796.jpg

アップダウンが激しい(斜度がきつい)尾根を歩き
1時間20分で山頂に到着、過去には社務所があったみたいだ。

P1060813.jpg

少し陽射しはあるが寒い、南側の陽だまりでランチ
下山は反対方向に降りる、すぐさま雪の尾根になった。

P1060824.jpg

ここからが難儀だった。
案内板があり、明るい人工林に下降、轡野川源流部に
降り立つ、かなり急な滑りそうな斜面、慎重に降りたが
相方が転倒、臀部強打、すぐさま沢の丸木橋
凍っている、一歩・・・危ないと思った瞬間
橋から沢に落ちた、支えようとしたはずみで左親指を
突き指、曲がって戻らない、強烈な痛み・・・

P1060829.jpg  P1060830.jpg

やはり不義理をしたせいか? 山に嫌われていそうだ。
沢沿いは登山道もわかりにくいが慎重にに進む

P1060835.jpg

左に大岩や”赤崩れ”という崩落個所がでてくると
右は10m以上の断崖、その細い道をトラバースすると
朽ちた家に出会う、ここが登山道の終わりだった。

P1060840.jpg

P1060848.jpg

ほっとして歩いていると”乙女滝”の案内がある。
折角だからと又、山に入る、暫く歩くと滝、美しい・・

P1060850.jpg
落差10m以上ある、途中の断崖はこの滝の上部なのでしょう。

ようやく降りたら青空が広がっていた。
権現山が早く家にお帰りと言ったみたいだ。

P1060856.jpg 

”もう来ないで” とは言わないでしょうが何回も
山行を裏切った私が悪い・反省しかり、やはり権現様は存在していた。

チョット怪奇な書き方をしましたが、静かでとても良い山でした。
春は花も多そうです、来年の山行計画に盛り込みましょう。

コメント

トラックバック