”トキソウ(朱鷺草)”

自生の”トキソウ”を見に行く、場所は豊田市郊外にある昭和の森。

tokisou.jpg

1輪だけ咲いていた”トキソウ”、野生のランだ、名前の由来は鳥の朱鷺の羽色に似ているかららしい。

自生のトキソウは環境省のレッド種だ、なんと45都道府県で何らかのレッド指定だ、東京と山梨は絶滅だ。



焼き鳥が食べたいと妻が言う、それなら美味しい焼き鳥が買える豊田市の郊外に行こう。
ついでに”トキソウ”を見てからにしようと決まって9時過ぎにはでかけた。

日曜は高速が安い、瀬戸赤津ICから一区間、豊田藤岡ICで降りれば昭和の森は近い。
東海自然歩道沿いの膨らみに停めて歩き出す。

IMG_8334.jpg

舗装道路だが東海自然歩道だ、猿投山から西広瀬の矢作川までのコースだ。
往復50分の予定、ようやく上りを終えてホットする、先行する妻を追いかける。

IMG_8335.jpg

予定通り25分で池と湿地がある場所に到着、木道をトンボを探しながら歩く。

hosomi.jpg

イトトンボは少なかった、ホソミイトトンボを一匹だけ見つけた、ハッチョウトンボの数は多かった。

IMG_8337.jpg

殆どがオス、相も変わらずじっと動かずにメスを待つ、二人で必死にメスを探した。

IMG_8345.jpg

ようやく妻が見つけたメス、成熟したメスだった、妻もメスの模様が好きらしい、marukeiはもちろんメス好きだ。

柵で保護された湿地に到着、トキソウを探した、2株見つけたが咲いていたのは1株だけだった。

IMG_8341.jpg

淡い色の綺麗な朱鷺草、自生は絶滅危惧種だが、最近は園芸種も売っているらしい。

IMG_8339.jpg

marukeiが住む場所の近郊には自生のトキソウが見れる場所が点在している、ありがたい事だ。

IMG_8344.jpg

モウセンゴケはたくさん咲いていた。

IMG_8343.jpg

今年の初見、食中植物はきれいな花で虫を寄せる、若い女性はピチピチでmarukeiを寄せる・・・お馬鹿な話でゴメン!

帰りも最初は長い上り、団扇を仰ぎながら25分、気持ちよく車に戻った。

IMG_8348.jpg

色とりどりの紫陽花も咲く季節になった、馴染みの焼き鳥屋さんは妻には優しい、今回も金額をまけてもらっていた。
三河産のアジをタタキと刺し身にした、焼き鳥、枝豆・・・当然にビールが進むくんの夕飯だった。

コメント