”梅雨入り”

梅雨入り宣言の出た昨日、一昨日の夕方から降り出した雨は今朝まで止むことはなかった。
雨が降って散歩を休んだらmarukeiの日常は無くなってしまう、少雨なら歩くしか無い。

午後1時過ぎても雨の強さは変わらない、意を決して家を出た。

IMG_8464.jpg

雨に濡れた翅を広げて動かないトンボ、とても印象的に感じた、梅雨の一日に似合う姿だった。



長靴、大きめの傘、帽子は必須の雨中散歩、長い距離を歩く気は無い、バイカツツジを思い出したので
海上の森駐車場へ出向いた、小さいので見つけにくいが、木がわかっているのですんなり見つけた。

IMG_8470.jpg

先日の修行散歩、時間切れで探さなかった”バイカツツジ”。
葉の下に咲くので見つけにくい、雨の中、しゃがんで撮るのも大変だった、暗いので手ブレてしまった。

IMG_8466.jpg

用水路脇のシライトソウが雨で萎れたような姿だった、まだまだ咲いているシライトソウ。

四ツ沢から奥へ歩く、海上池堰堤の手前で引き返す、雨の日は蝶も虫も出ない、蛾だけが元気に飛んでいた。

IMG_8471.jpg

長く咲いているヤマボウシも頭を垂れる、色は淡いピンクに変わりつつある、そろそろ散り始めるのだろう。

雨の中を約1,5km歩いた、いつもの爺さんがいた、悪い爺さんだ、犬を放して自分は車
犬が勝手に乗れるように後ろのドアを跳ね上げて海上の里まで往復している、リードの無い散歩は禁止だ。

時間があるので田んぼに寄り道した、ケタタマシイ声でケリが飛ぶ。

IMG_8477.jpg

行ったり来たり・・・直ぐにわかった。

IMG_8476.jpg

大きく育ったケリの幼鳥がノンビリと餌探し、親は大きな声で注意喚起。

IMG_8473.jpg

かなり近い場所で威嚇された、こうしてみるとケリはウミネコに似ている。
黄色いくちばし、赤い目・・・子供が心配なのだろう、ニュースで知らされた5歳の子供の悲しい話。
やるせない気持ちと悲しさでニュースを見ていられないmarukeiだ。

IMG_8465.jpg

雨にじっとしているベニシジミ、飛ばないで安らぐ。

植物も動物にも恵みの雨だろう、週末は台風予報、大雨にならなければよいが・・・。

コメント