FC2ブログ

悪戦苦闘のアクシバ探し(陶史の森:前編)

6月中には写しておきたい、毎年に訪れる土岐市の郊外にある陶史の森に咲く”アクシバ”の花。

昨年は妻と訪れて場所を探して難儀した、今年は大丈夫と自信満々・・・しかし悪戦苦闘、ようやくたどり着いた。

IMG_8965.jpg

”アクシバ”と言うなのツツジ科の愛らしい花、長さは1cmくらいだ、前日の雨でクルクルパーマに雨粒が光る。

花期は7月だが今年はやはり早い、昨年より10日以上前の開花だった。


ネットで調べていたらアクシバが開花したらしい、行かなくちゃ、早めに昼食を食べて12時前に出かけた。
自宅から30数分、一番近い駐車場は何故か閉鎖、山の上の駐車場に止めた。

雨の翌日、森は泥濘んでいるだろう、長靴を履いた、靴下が薄かった、靴の中で足が前後に滑る。
山の上の駐車場から急な約80段の階段を降りた、その時点で右膝が悲鳴を上げ始めていた。

IMG_8942.jpg

遠くの松の枯れ枝でホトトギスが鳴く・・・”イッテラッシィ!”と聞こえた、この日は余裕、場所はわかっている。
アクシバの咲く地に直接向かはわずに遠回り、湿地経由で野草を写しながら向かった。

長靴は歩きにくい、ようやく最初の分岐へ到着、昨年の徹は踏まない、やり過ごして次の分岐へ
此処だっただろうか?、少し疑問・・・そうだ少し登ればバイカツツジの木があった。

IMG_8950_20180624162109213.jpg

考えたとおりだった、美しいバイカツツジの花も咲いていた、固定観念に囚われた瞬間だった。
傾斜のきつい丸太の階段が200段近い上り、丹念に探したがアクシバは無い、ピークまで登った。

下りは難儀、濡れた丸太に長靴が滑る、転倒しそうになる、横向きに一歩ずつ、腰も痛みだした。

IMG_8951_2018062416210799e.jpg


そして3往復した、計約1000段近い上り下り、”足も膝も心もクタクタ”、諦めた、戻ろう、そして気がついた”池が”無い。

近くにあるはずの池が無い、戻った、探した、無い、間違っていたのにようやく気がついた。
先に進んで見覚えのある分岐、やはり急な丸太階段だ、そしてバイカツツジの木もあった。

IMG_8960_20180624162108d30.jpg

悪戦苦闘のすえに愛でることが出来た”アクシバ”の花、小さいので望遠したいが下がる場所が無い、マクロ撮影だ。

”ピピッ!”エラー音、このところカメラの調子が悪い、”レンズエラー”表示でロックが頻発。

IMG_8972_20180624162129be5.jpg

騙し騙しの撮影、レンズを上向きするとエラー頻発、泣きたくなる。

IMG_8962_20180624162108102.jpg

ピンボケ量産だったが何枚か撮れたのでアクシバ写しを終了して次の地に移動開始。

IMG_8976_20180624165442b91.jpg

直ぐにあったじゅんさい池、なぜもっと早く思い出せなかったのだろう、加齢のせいで脳みそが溶けているかも知れない。

途中の池で休憩、トンボ探しをして違う尾根に行こうと歩き始めた、しかし、疲労が激しい、長靴も疲れすぎる。

諦めて帰る・・・駐車場に登る階段、歩きたくない、とぼとぼと車道を登った。

IMG_8994_20180624162129661.jpg

車の近くにカワラヒワが居た・・・”お疲れ様”と慰めてくれた、野鳥は可愛い!

反省もなにもない、ただただ昨年の苦労もふいにした情けないmarukeiだった、長靴を脱いでサンダルを履く
一気に開放された足、汚れても森や山歩きは靴が大切だ、そんなことは承知のはずだが。。。老いが進んできた!!

コメント