FC2ブログ

フウセンカズラが咲いた

我が家の玄関先、フウセンカズラが白い花を咲かせた。

現役引退した年、散歩途中で見つけたホオズキみたいな袋、記事にしたら皆様が教えてくれた。
”フウセンカズラ”と言う名、そしての可愛い種のことも・・・秋にその種を貰ってきた。

IMG_9162_2018070316131542b.jpg

それ以来、毎年我が家の玄関先に花を種をつける、落ち種が発芽して今年も一番に咲きだした。
保存していた種からもどんどんと背丈を伸ばしている、種を貰ってから5年目の夏が来た。



この日はいつもの散歩道へ、猛烈に暑いが慣れなくちゃ、等と気軽に出かけた。

IMG_9160_20180703161315006.jpg

妻が大切に育てている”アサガオ”が一輪咲き出した、妻が嬉しそうだ。

IMG_9167_2018070316131324d.jpg

すくすくと育つ稲、田園地帯は陽の光にさらされる、稲には大切な日照だ、marukeiには悪い汗を出す日照だ。

IMG_9168_20180703161313a14.jpg

田んぼにお似合いのシオカラトンボが休む。

IMG_9164_20180703161314c1c.jpg

刈られた土手、たくましくキランソウが花を咲かせていた、刈っても刈っても強く繁殖する雑草はたくましい。

IMG_9166_201807031613147ce.jpg

ツユクサ、marukeiは幼い頃は”トンボ草”と呼んでいた、理由はこの花にトンボがいつも停まっていたからだった。
そんな事を思い出しながら”暑い暑い”畦を抜けた、大汗だ、涼しい寺の境内へ、毎度の行動パターンだ。

IMG_9171_20180703161340efd.jpg

色とりどりに咲き始めたコスモスを見ながら温くなったお茶を飲んで一息ついた。

遠くからでも歓声が聴こえる岩屋堂中央の公園に歩いた。

IMG_9174_20180703161340d03.jpg

渓谷の水の涼しさを含んだ爽やかな風が吹く渓谷の道・・・気持ち良い、生きた心地は大げさでは無い。

左岸を歩いて渓谷の奥まで歩いた。

IMG_9176_2018070316134054d.jpg

久しぶりのオオルリが囀る、光の具合で青色が黒色になる、仕方が無い。

IMG_9185_201807031613399c6.jpg

翅が傷んだムラサキシジミ、綺麗なブルーだ、涼風、野鳥の囀り、シジミチョウ、自然はマイナスイオンの宝庫だ。

IMG_9186_20180703161339c27.jpg

絶え間なく流れ落ちる滝の水音を聴きながらゆるりと休憩、元気が出たら一気に帰りモードに突入。

IMG_9187_201807031613396d5.jpg

夏空、緑・・言うこと無し、何も撮らず、ひたすら歩き続けた、西日のつらい裏道を大汗をしたたらせていつもの池へ。

少し休んだだけで自宅に戻った、無事に散歩終了、毎日のmarukeiのお仕事終了、夜のビールが待ち遠しかった。

コメント