FC2ブログ

”チョウトンボ”

今か今かと待ちわびていた”チョウトンボ”、狙っていたわけでは無かったが偶然に出会った。

IMG_9242.jpg

かなり遠い距離の低木に停まった、最大望遠でキラキラ輝く姿を写すことが出来た。



目的の被写体は”グンバイイトトンボ”、訪問しているHPに写真が載った、昨年見つけた場所へ行くことにした。
車で30分少々、土岐市の陶史の森だ、運良く下の駐車場が空いていた、寄り道せずに真っ直ぐに向かう。

途中にネイチャーセンターがある、現時点で愛でられる花や昆虫の写真掲示板がある、目的のトンボの写真は無かった。
ダメかもしれないが坂道を登って向かった。

IMG_9247_201807041624174bc.jpg

オオバノトンボソウが咲いていた、近場に咲いていた、見つかるときはこんなもんだ、先週の苦労は何だったのだろう。

水路に到着、昨年見つけた場所で探した・・・居ない、イトトンボは何の種類も居なかった。
川下から順に丹念に探したが居ない。

IMG_9225_201807041623537df.jpg

尻尾を垂直に上げたハッチョウトンボだけを見つけた、強烈に暑い日にとる姿だ、この日も半端ない暑さだ。

とりあえず諦めて堰堤へ歩いた、ジュンサイ池だ。

IMG_9226_20180704162352c48.jpg

ポツポツとジュンサイの花が咲き始めていた。

kuroito_201807041624171f2.jpg

ようやくイトトンボを見つけた、センターの写真掲示板にあったクロイトトンボだった。

ぼんやり眺めていたらヒラヒラと舞うチョウトンボを見つけて、対岸の遠い松の木に停まった。

IMG_9231 - コピー

遠すぎて写真にならない・・・飛んで近づいてほしいと願って見つめていたら声がかかった。

カメラと三脚を抱えた優しそうな人だった、チョウトンボを見ていると応えた、ネイチャーセンターの職員さんだった。
写真掲示板もその方が作成している、しばし話した、グンバイトトンボは6月の末までは違う場所に居たらしいが
7月に入ってからは見かけないと教えてくれた、昨日も横浜から目当てに来てくれた方も残念賞だったらしい。

珍しいバイカツツジの写真を撮りに行くという、誘われた、立入禁止区域だが特別に一緒に入ろうと言ってくれた。

IMG_9237.jpg

白花のバイカツツジだった、初めて見た。

IMG_9233_20180704162351fef.jpg

たぶんアルビノ変異だろう、ピンクの斑点も無く白無垢な姿だった、職員さんは一所懸命に撮影していた。
お礼を言ってその場を離れた、未練があるのでジュンサイ池に戻ってチョウトンボを探した。

IMG_9241_20180704162351e7b.jpg

遠いので鮮明には撮れなかったが、証拠写真にはなった、満足したのでグンバイイトトンボ探しを再開した。

職員さんから聞いた6月に居た場所に向かった、小さな湿地経由にした。

IMG_9245_2018070416241856d.jpg

湿地の上部にカキランが元気に花開いていた。

IMG_9246_20180704162417636.jpg

この一画だけが咲いていた、枯れ始めていた、後2~3日で終わりだろう。

教えて貰った場所は尋常では無かった、擦り傷をこさえながら探したが姿は無かった。

諦めきれないので最初の場所に戻って探し続けた、1時間も炎天下で頑張った、熱射病の症状がしてきた。
慌てて塩飴をなめて戻ることにした。

IMG_9244_20180704162418436.jpg

綺麗なアサマイチモンジに出会った、探せなかったが満足だった、車に戻って休憩した。
擦り傷の痛みと朦朧とした頭はエアコンで軽減された、帰りに笠原の激安店で刺し身を購入、冷酒が美味かった。

コメント