FC2ブログ

ヒメアカタテハ

雨は午後になって一旦止んだがいつ降り出してもおかしくない空模様。
傘を杖代わりにして散歩に出かけた。

長い距離を歩いた、岩巣山北西の山裾、井山の休耕田で舞う艶やかな蝶。

IMG_9325_201807081623384ac.jpg

ヒメアカタテハ蝶、間近で撮るのは久しぶりだ、蝶は美しい、井山の休耕田は癒やしの自然の宝庫だ。



自宅を出ていつもの里に向かう途中で足が反対方向に向いた、どこでも歩ければ良い
足の向くままに通学路へ向かった。

kooni.jpg

民家に咲くコオニユリを見ながら通学路へ入った、大きなクヌギの下で一回目の撮影休憩。

IMG_9309_20180708162313ecd.jpg

ナツハゼの実が熟し始めていた。

yamahagi_201807081623578db.jpg

ヤマハギもポツポツと花を開き始めた、少しづつだが路傍は賑やかになってきた。

歩きを再開、県道を歩いて鳥原川の橋を渡る、カルガモ10数羽が川に遊ぶ。

IMG_9311_20180708162313e00.jpg

仲良し2羽が仲間の泳ぎを見つめていた、ほのぼのとしたmarukeiだった。

ひたすら歩いて国道へ、横断して別な川沿いに着いた。

IMG_9315_201807081623139d7.jpg

強い雨が止んで数時間、川の水も落ち着いていた、冬に浚渫した効果だろう。

上流分岐まで歩いて再度国道へ、横断して”井山の里”へ向かった、高齢化が急速に進む狭い里
休耕田ばかりが目だつ、草などは伸び放題、そこには旬の野草が咲く。

IMG_9331_2018070816233827b.jpg

ミゾカクシを見つけた。

IMG_9334.jpg

休耕田に咲く、前は稲が植えられて整備されていたが、今は休耕田、草の間に埋もれていた。

まだ季節の野草があるはずだ、丹念に休耕田を探し歩いた。

akinotaura.jpg

一株だけ畦の角に咲いていたのは”アキノタムラソウ”、早い開花だ。

IMG_9335.jpg

森や里の何処にでも咲く野草だ、シソ科の花、冠に”アキ”の名前をいただく、夏から秋にかけて咲き続ける。

雑草伸び放題の里、蝶も舞う。

jyanome_20180708162358cfb.jpg

ジャノメチョウ、少し大きな蝶、ジャノメ模様の水色が綺麗だ。

IMG_9337_20180708162337481.jpg

ノアザミにモンシロチョウ、派手な蝶がヒメジョオンに遊んでいた。

hime_20180708162314780.jpg

ヒメアカタテハ、大好きな蝶だ、ましてや”姫”の名がつくmarukei大好きな”お姫様”、真正面からの珍しい姿が撮れた。

IMG_9329_20180708162338c4c.jpg

見とれながら蝶が去るまで楽しんだ、まだまだ居たい”井山の里”、雷が鳴りだした、怪しい雲が覆う空。
戻ることにした、カメラをしまって帰りの道を急いだ、いつもの里を横に見て鳥原川の橋をわたる。

IMG_9317.jpg

marukeiに驚いてカワウが飛び立った、”ゴロゴロ”と雷鳴が響く。

IMG_9341_2018070816235897e.jpg

足元に”ハキダメギク”の群落があった、夏を彩る雑草扱いの代表花、名前は良くないが姿は良い。

自宅まで後15分、長い距離を歩いていたので疲れがある、そして雨も嫌だ頑張るmarukei。
着いて安堵した途端にボトボトと音を立てて雨が落ちてきた、ジャストタイミングだった。

約5.5km歩いた、散歩では無いだろう、歩くことは良いことだ、自分にご褒美、ビール2本にしよう!!

コメント