FC2ブログ

夏日が戻る

隣の岐阜県は”特別大雨”の真っ最中、隣の愛知県瀬戸市の午後は真夏の空が広がる。

IMG_9255_201807091615155d5.jpg

夏にお似合いのヒマワリはお天道さまの方へ揃って顔を向ける、熱射病にならぬように短い距離の散策にした。



妻の在所、岐阜県中津川市も特別大雨警戒地区になったとTVの速報字幕、今は墓所だけだが気にはなる。
当地は夏の太陽が照りつける、西日本のある地域だけに襲いかかる災害・・・言葉も出ない。

熱射病も恐いので野草などが咲く東国山フルーツパークへ出向いた、短いが散策を楽しむ。

IMG_9248_201807091615168b4.jpg

木陰が良いのでほとんど歩いたことのない園内の外周道へ入った、終わりかけの紫陽花道だった。

IMG_9249_20180709161516a07.jpg

栗の木の枝が道路にかぶさる、イガグリ君も大きく育っている。

直ぐに果樹園に飛び出した、園内はブドウの袋掛けで作業をする人たちで賑やかだ、容赦なく日が注ぐ。

kanna.jpg

目にも鮮やかなカンナの花が一際目立つ、カカオやカリン、マルメロ等の果樹園を歩く、みんな青い実をつけていた。

tukimisou_20180709161603e0c.jpg

ツキミソウが咲く果樹園の雑草地帯は木陰も無い、段々と体力が無くなって行く。
太陽に照らされて草花にまとわり付いていた水分が揮発する、熱と湿気が身体に堪える。

少しの木陰を求めて小さな庭園の中を歩いた。

IMG_9263_201807091615152b1.jpg

終わっていたと思っていたムラサキシキブの花が咲いていた。

kobousi.jpg

キボウシ、水辺は野草も元気そうに見える。

hiougisisen.jpg

派手な色彩はモントプレキア、小さな水路脇に群れ咲いていた。

kisinbai_20180709161541f75.jpg

庭園の終わり道に咲いていたキシンバイ、赤、白、黄色、紫・・・色彩豊かな庭園道を終えた。

もう木陰は無い、覚悟だ、メイン通路を横断して岩庭に向かった、帰り道の周回に入った。

IMG_9270_20180709161515a0b.jpg

岩庭、ロックガーデンとも言われる、緑化センターや植物園などに必ずある庭だ。
岩石や荒い砂を配置した場所に植物を植え付けて、自然に近い状態で育てるように造られた人工庭園。

nokanzou_2018070916154064d.jpg

ノカンゾウが咲き乱れる。

ominaesi.jpg

キキョウやオミナエシも咲く岩庭、手入れもされてなく野草は伸び放題。

IMG_9274_2018070916154296a.jpg

下向きに咲くホタルブクロが正面を向いていた、中を見るのも写すのも初めてだ、紫の斑点が可愛い花の中だった。

yusuge.jpg

ユウスゲがポツンと咲いていた、この花を見ると爽やかな高原に行きたくなる、行こう高い山へ!!

yamamomo.jpg

無造作に転がるヤマモモの実、苔の緑にお似合いの風景、写したら駐車場近くの湿地に向かう。

短い距離の散策だが暑さに弱いmarukei、歩く気力も萎える、足の裏も疲れてきた。

omodaka.jpg

この野草も目的だった、”オモダカ”という湿地の花、昨年に見て覚えた花だ。

園の出口、梅園の草むらに可愛い花、何処にでもあるので普段は撮ることもないのだが・・・

IMG_9281.jpg

ムラサキカタバミ、帰化植物で繁殖力も強い、嫌われ雑草だ、でも・・・綺麗だ。

車に乗ってしばしエアコンにあたる、車内が涼しくなったら走る、15分もあれば我が家だ、冷たいアイスが待っている。

今週は乗鞍岳を訪ねる予定だ、しかし、この大雨災害で道路はズタズタだ、東海北陸道路は区間通行止め
解除の予定もない、国道も迂回路だらけだが通れそうだ、しかし時間がかかりすぎる、”どうしたもんじゃやら”

遠回りで松本経由で行かねばならないかもしれない、高山植物を妻に見せたい、そんな一念だけは保っている。

コメント