FC2ブログ

体調不安定の森だった。

自宅周りの短い散歩が続いている、たまには森を歩きたくなった。

まとわりつくような湿気とお天道様の日射しが強い午後だった。

IMG_9585_201807211109276c7.jpg

キンミズヒキが咲き出した林道の中間地点、異常な汗が頭部から滴り落ちる、そしてクラクラする。
これはいけない、飴を口に入れてお茶を飲んで少しでも涼しい場所へ戻った、しばらくして体調は少し改善された。




最初に訪ねたのは小さなビオトープ、久しぶりにイトトンボ探しだ。
水際を探していたら何やら葉っぱみたいの物が動いて岸辺に止まった。

kooimusi.jpg

背中に卵を背負った水生昆虫だった、初めて見た、調べたら”コオイムシ”と言う名、子供を背負った虫、そのままだ。

IMG_9570_2018072111084844e.jpg

このビオトープは相も変わらずキイトトンボ天国状態、一周して他のイトトンボを探した。

IMG_9571.jpg

ようやく探せたイトトンボ、アオモイトトンボかも知れない、判別は難しい。

次に見つけたのは不思議なイトトンボだった。

IMG_9569.jpg

種類がわからない、帰って調べた、どうやら”緑型黄イトトンボ♀”が該当しそうだ、キイトトンボに緑型が
あるとは知るよしも無かった、ベニイトトンボの未成熟♀も同じような姿で図鑑にあった、さてどちらかは判らない。

ビオトープが暑いので後にして海上の森駐車場に向かった、あまりの暑いなのか駐車場には2台しか停まっていない。
marukeiは路肩の木陰に止めて歩き出した、靴はボンドで修理した登山靴、歩きやすい。

IMG_9574_20180721110848840.jpg

終わりかけのキハギを写したり

onidokoro_20180721110952e2b.jpg

絡まりあうオニドコロの蔓花を写したり、努めて木陰を選んで歩いた。

靴は調子が良い、しかし異常な汗と呼吸がゼイゼイしてくる、森の木陰に急ぐ必要ありだ。

IMG_9577_20180721110847df4.jpg

四ツ沢近くでアキノタムラソウが咲いていた、段々と余裕がなくなる。

ようやく森の入口に着いた、とりあえずはキンミズヒキやミズタマソウを探して奥に向かう、林道の中間地点手前で
キンミズヒキを写した、森は木陰だが蒸し暑い、そして異常な汗が頭から流れる、呼吸も苦しい・・・限界だ。

IMG_9584_20180721110927f7b.jpg

風が抜ける場所まで戻って休んだ、経験から言えば熱中症の入り口だった。
塩飴、お茶、団扇で顔と頭に風を送って20分ほど休んだら少し回復した、危ない危ない!

IMG_9583_20180721110927531.jpg

ハンゲショウを見ながら森の出口に向かった。

IMG_9589_201807211109261bc.jpg

暑さのせいか蝶も森の中、シダに停まるのはウラギンシジミ。

IMG_9580_201807211109287f3.jpg

ルリシジミも森の中だった、出口に戻れば遠慮ない日射しに当てられる、団扇を動かして帰り道を歩く。

IMG_9578_20180721110847d8e.jpg

日向で遊んでいたのはミスジチョウだけだった、胸部のグラデーションは美しかった。

IMG_9590.jpg

アキカラマツが開き出した四ツ沢近くの川沿いを意識的に歩いた、少しでも涼しいほうが良い。

車に戻ってため息、エアコン全開、体調は戻った、注意していても危ない猛暑の午後、”ナメタラアカン”だ。

コメント