FC2ブログ

”ミヤコグサ”

何処にでも咲く野草と言われているが、我が住む地域の里や森で見かけることは無い。
多治見笠原潮見の森公園に続く車道の法面に毎年に花を咲かせる、愛でたくなったら出かける。

IMG_9826_20180805162106bbf.jpg

”ミヤコグサ”、マメ科の多年草、京都でよく見られるので”都草”と名付けられたとも言われる、愛らしい花だ。


歩きたいが魔のような暑さ、少しでも標高が高く木陰もあり、花もある贅沢な場所へ出向いた。
多治見市の笠原潮見の森、標高400m地点に車を置いて薬草園から山頂公園に向かった。

IMG_9801.jpg

薬草園は先日も紹介したツリガネニンジンやトウキの花が盛りだ、特にオミナエシは所狭しと咲いていた。

IMG_9796.jpg

花があれば蝶も舞う、珍しくツマグロヒョウモンの羽ばたきが撮れた。

薬草園を一周して湿地に向かった。

IMG_9802_20180805162019fff.jpg

遊歩道の登り口の草むらは”ミゾカクシ”に覆われていた、シンプルで好きな野草に頬が緩む。

地道の短い急な登りを歩くと小さな湿地にかかる木橋に着く。

IMG_9803.jpg

ミズゴケ?だろうか、ビッシリと綺麗な緑で湿地を埋めていた、涼しい感じがした。

IMG_9805_201808051620189c0.jpg IMG_9804_2018080516201956e.jpg

湿地の花は”コバギボウシ”と”ヌマトラノオ”だけだった、この湿地は花が少ないが癒やされる場所だ。

急坂の日向を歩いたり、木陰で休憩したりして山頂公園を目指した。

IMG_9806_201808051620441ff.jpg

行程の半分、一番目に池に到着、日陰の場所、ノリウツギを見ながら風を待った。

IMG_9809_20180805162044552.jpg

待ってた風は直ぐに来た、優しい涼しさだ、睡蓮の花を見ながら風を楽しむ、自然の風はエアコンより快適だ。

IMG_9810_20180805162043b5a.jpg

歩き後半になる、この道最後の涼しい檜の森、セミ天国だ、数十匹のセミに体当たりをされながら歩く。

最後の登りを我慢すれば山頂公園に続く日向の尾根に合流・・・暑い!

IMG_9814_20180805162043025.jpg

コブシの木の実が色づく、山頂公園までの250mは暑くて疲れた。

IMG_9815.jpg

車道に合流、車で来れば楽勝だが歩きも身体に良い、標高471mのピークに立つ展望台へ向かった。

IMG_9818.jpg

生憎の夏霞、御嶽山も中央アルプスもボンヤリ、写真にならない、近くの恵那山だけが写せた。

帰りは車道を歩く、ミヤコグサが見たいからだ、車道は遮るものはなし、約1kmの暑い舗装道、覚悟の歩きだ。

IMG_9824_20180805162107538.jpg

道のりの半分歩いたがミヤコグサは無い、ピンクのツメクサが咲き残る法面、ツメクサを撮って見上げたら

IMG_9821_2018080516210754b.jpg

”ミヤゴグサ”が法面の上部に咲いていた、嬉しかった、苦しい車道を歩いた甲斐があった。

IMG_9827.jpg

前方の登りの先が駐車地だ、ひと頑張りなので元気が出た、無事に車に戻った。

IMG_9825.jpg

車の前のモミジが色づいていた、病葉か紅葉かはわからない、暑すぎて起きる現象なのかも知れない。
猛烈な暑さで何かが狂いだしているみたいな気がする。

帰りは激安店で激安の新鮮なマグロを安価で仕入れて帰った、美味しい夕食になった。

*蜂刺されは腫れも引き、刺された箇所の周りが少々膿始めたが問題なし、痛みより痒みが出てきた*

コメント