FC2ブログ

”クマンバチ”

精神的に疲れた午前中、歩く気にならない、写真だけ撮リにいこう、今年まだお目にかかっていない昆虫がいる。
蛾の仲間である、”オオスカシバ”と”ホシホウジャク”だ、彼らが大好きに”ハナトラノオ”咲く場所へ向かった。

ハナトラノオは咲き始めていたが目的の昆虫は居なかった、しばらく待ってみたがダメだった。

IMG_0223_20180819163516489.jpg

ハナトラノオの花畑は”クマバチ(クマンバチ)”の天国状態、ブンブン飛び回って蜜を集めていた。

クマンバチはおとなしいが刺さない蜂ではない、二度目の蜂刺されは恐いので静かに撮影した・・・が・・・
車に戻って座ったら股の付近にクマンバチが蠢く、一瞬パニクったが、静かに外に出て対処した、良かった!



96歳になった養母の定期診察日、迎えに行った、ショルダーバックを持っていた。
何に使うの?、ハンカチとチリ紙が必要だと言う、前回もそうだった、服を脱ぐのもトイレに行くのも邪魔なのだ。

そして忘れる・・・、ハンカチはポケットに、チリ紙はmarukeiが持つから空身で行きましょう・・・”嫌だ!”
「バックが無いなら医者に行かない」、とんでもないお子様状態だ、悪役marukeiも開き直る。

それなら私も連れていけない、帰る!!、と踵を返した、慌てた養母、”仕方ない”と虚勢を張る。

毎回そうだが養母の対応に疲れる、永久に言うことを聞いてくれないだろう、疲れた午後は歩く気力が湧かない。

IMG_0218_201808191635174bf.jpg

標高400m地点に車を置いて薬草園へ、アメリカホドイモのお出迎え。

anisuhisopu.jpg

フジバカマはまだまだ、その群れの中から一株のアニスヒソップ?が顔を出していた。

遠目にハナトラノオのピンク色が目立つ、目的の昆虫はいるだろうか?

IMG_0222.jpg

咲き残っていたオレガノを写してからハナトラノオの畑に近寄った。

♪ぶんぶんぶん蜂が飛ぶ・・・♪、クマンバチだけが忙しく飛びまわる。

IMG_0224_20180819163516989.jpg

絵になる光景だった、諦めきれないので暫く待ったが目的の昆虫がやってくることは無かった。

諦めて園内の外周を散策。

IMG_0225_20180819163539b1f.jpg

ミソハギの群落があった。

IMG_0227_201808191635396a0.jpg

ここでも昆虫が飛び交っていた、花のある場所は蜜の宝庫、しかし蜂ばかりだった。

IMG_0235_20180819163539bb5.jpg

近くにツマグロヒョウモンのお嬢様が居た、蝶は美しい。

ebisugusa.jpg

見たことのない黄色い花が咲いていた、みんな下向きだ、上向きを探して撮った、初めての花だ。
帰って調べた、”エビスグサ”という花だった。

熱帯アメリカ原産、江戸時代に中国より薬用として渡来したと辞書に書いてある、やはり薬草として用途が有るらしい。

IMG_0241_20180819163538b4d.jpg

独特の飛び方でキイトトンボが飛んで停まった、今年はキイトトンボによく出会う、可愛らしい。

園内一周、車に戻って山頂公園へ、展望もないので笠原に降りて激安店で夕食の食材調達をした。

96歳の養母、昔から人と馴染むのを嫌う、従って彼女のプライベート空間が保てるように努力している。
そんな事も彼女にとっては関係ない、我儘のままに過ごしている、まだまだ悪役に徹しなければならなさそうだ。

コメント