FC2ブログ

戻ってきた”猛暑日”

ピンポイント予報通りギラギラした太陽が照りつける。
暑すぎるので出かけないでいたが身体もリズムが出ない、意を決して外に出た。

気温はすでに35度を超えている、背中にあたる日射しが痛く感じるほどだ。

IMG_0313_2018082216191914e.jpg

井山の里まで歩いた大汗と少々長い距離を歩いた帰り道。
稲刈りが始まった鳥原の田園、ここからいつもの散歩道で帰るのは身体が持たない、素直に戻った。



玄関から出た途端に容赦ない日射しと熱風が吹く、この時点では遠くへ歩く気もなかった。
自宅から10m歩いた先、細い登り道から通学路に行くことにした。

nauzuisen.jpg

畑の中にナツズイセンが咲いていた、ヒガンバナ科だ、ユリの花のようでもある。

IMG_0300_20180822161853601.jpg

暑さのせいだろうか?、柿の実が赤くなっていたが、下を見れば殆どの柿の実が落下していた。

IMG_0299_20180822161853fc2.jpg

柿の木に絡みついて実をぶら下げているのは”ブドウ”、柿の木の隣にかつては栽培していたのが自然に帰ったのだ。

通学路に入って花のある畑などを見ながらゆっくりと歩く。

tukimi.jpg

ツキミソウも健在だ、淡い色の花、好きな花のひとつだ。

羽音がして蜂が来た、蜂に刺されてから敏感だ、二度目はアレルギー反応を起こすかも知れない、蜂は花に停まった。

nihon_20180822161933cee.jpg

ニホンミツバチだった、巣が有るわけでは無いので安心だ、刺激しないようにした。

暑いのに意外と疲れもバテも無い、通学路から県道を歩いて西品野方面に向かった。

IMG_0303.jpg

殆ど降らない雨に鳥原川の水も少ない、橋の上でも涼しい川風も吹かない。

IMG_0304_20180822161852411.jpg

日枯れしたホオズキの実が侘しい、乾ききった大地、畑の水やりも諦めているのだろう。

IMG_0305_20180822161852f1d.jpg

廃屋の陶器工場の日陰や木陰の多い細道を意識的に歩き繋いで岩巣山の山裾の里を目指した。

IMG_0306.jpg

里の入り口、小さなな小川の際にアメリカアゼナが咲いていた、涼しげで良い。

IMG_0307_2018082216192054d.jpg

井山の里・・・昨年までは稲作がされていたが今年は全ての田んぼが休耕田、雑草だらけの里になっていた。
田んぼ跡にはイネ科の雑草だらけ隙間も無い、クルマバナが有るはずだが探せない程の荒れようだ。

瀬戸市の高齢化率は高い、65歳以上は人口比率の30%近い、この里も高齢化で寂れて行く。

IMG_0310_20180822161919ce1.jpg

荒れ地にキバナコスモスが咲いていた、少々疲れてきたので帰ることにした。

いつもの里近く、小さな田園に風に揺られる物体。

IMG_0312.jpg

雀対策の風船グッズ、初めて見た、鳥に有効な丸模様だ、実りの秋はやってきている。

猛暑の中、すでに5km以上歩いている、普段ならいつもの散歩道で岩谷堂経由8kmの散歩だが身体が持たない。
素直に戻った、玄関先のパセリの鉢植えに小さな黒点が見える、近づいてみた。

IMG_0314.jpg

幼虫が10匹・・・思い出した、blogの記事にしたキアゲハが羽ばたいていた鉢植えだ、キアゲハの幼虫だった。

全部で3鉢のパセリ、残りの鉢にも居た、全部で20匹くらいだ・・・パセリの収穫は諦めた、育て幼虫!

コメント