FC2ブログ

遠くない”秋”

暦の立秋を過ぎれば”残暑”という表現になる。
実態は・・・marukei地方は連日の猛暑、7月からの真夏の続きだ、好きではない夏が終わらない。

komurasaki_201808291623451a1.jpg

しかし、自然に生きる草木は着実に来るべき季節を感じさせてくれる。

”コムラサキ”の実が紫に染まりだした、秋はそう遠くは無いだろう。



居酒屋marukei開店に足りない食材があった、近くのスーパーへ出向けば簡単に手に入る品だ。
暑いので歩いて往復する気力が無い、少しの散歩と食材購入、それが可能な近場に行くことにした。

自宅から車で15分少々、名古屋市と瀬戸市の境界にある東谷山フルーツパークで花鑑賞散歩と洒落込んだ。
いつもと逆周りで歩き始めた。

IMG_0385.jpg

水のない小さな池に”オモダカ”咲き残っていた。

上り坂の園の外周を歩いて岩庭へ出たが、特に撮る花が無いので日本庭園のような場所へ向かった。

IMG_0387_20180829162317053.jpg

フルーツ直売所の向かいに小さな桃の実をぶら下げる木があった、”シダレモモ”と表示があった、確かに垂れている。

日本庭園と表現したが水路があり鯉などが飼育されている細長い地だ。

IMG_0389_2018082916231770d.jpg

白花のアゼリア、民家の生け垣などに見かける花だ、アゼリアの先に紫色が目立っていた。

IMG_0391_2018082916231678b.jpg

”コムラサキ”が色づき始めていた、秋色だ、猛暑だが自然に生きる物達は季節を先取りする。

果樹園を巡って小さな花壇の側でお茶休憩、花壇の花は少ない。

IMG_0386_201808291623175c1.jpg

”ムクゲ”が花壇の中では一際背が高い。

IMG_0439_20180829162346546.jpg

ポツンと”カワラナデシコ”が咲いていた、夏の名残の野草だ。

IMG_0437_201808291623468f5.jpg

少ない花に蜜を求めて”ナミアゲハ”が舞う、こんな光景が大好きなmarukei、休憩を終えて歩き始めた。

途中から熱帯植物展示館方面に歩いた、ダイナミックな花が見えたからだ。

taitanbikasu.jpg

”タイタンビカス”と表示されていた、ハイビスかと思った、大きな花だ。

IMG_0442_20180829162345788.jpg

ピンクも咲いていた、帰って調べたら、”アメリカフヨウ”と”モミジアオイ”の交配種だとか、人間は何でも作るが?

aberia_20180829162318c4a.jpg

近くにあったピンクの”アゼリア”の生け垣、花は心を和ませる。

戻ることにした、梅園の脇を歩いた。

IMG_0392_20180829162346f99.jpg

綺麗な”ハギ”の花の場所を過ぎれば出口だ、桜の大木に野鳥がいた。

IMG_0443_20180829162345282.jpg

久しぶりに出会った”シジュウカラ”、秋になって葉が落ちると野鳥が見やすくなる、もう直ぐだ。

車に戻ったら車内が猛烈に熱い、シートベルトの金具が触れない程だ、恐ろしや車内の温度だ。

近くのイオン瀬戸店に寄り道、妻が好きな”キュウリ”、煮物で必要な”竹輪”、そして”メカブ”の三点購入。

これで居酒屋marukeiのメニューが揃う、帰って休んで板長仕事、当然にビールが進んだ。

コメント