FC2ブログ

秋色に近づいた実

海上の森の市道を四ツ沢奥まで歩いた。

aotudurafuji.jpg

夏色だったアオツヅラフジの実が秋色になってきていた、夏色と秋色が混じり合う路傍、季節感漂う。



昼食後に用事があって隣の日進市まで出向いた、帰り道、少しの時間でも歩きたい。
サ~ッと雨が降ったが直ぐに止んだ、海上の森の近くを通る帰り道、寄り道した。

車を置いて外に出たら綺羅びやかなトンボが飛んできて停まった。

IMG_0593_2018090616245653f.jpg

ハグロトンボ、このトンボを撮ると毎回ピントがアマくなる、今回もアマかった、胴体の色が輝く。

kihagi_20180906162516b2b.jpg

用水路脇のハギが咲き出した、キハギだろうか?多分そうだろうが自信なしだ。

IMG_0602_20180906162454f0d.jpg

路傍の草刈りがされていて雑草は刈られていた、かろうじてママコノシリヌグイが一株残っていた。

IMG_0594_20180906162455b4c.jpg

センニンソウかボタンヅルかはmarukeiには区別がつかない、アチラコチラに咲いていた。

kotyabane_20180906162516186.jpg

少し降った雨に葉が濡れている、コチャバネセセリもお休み中。

IMG_0600_20180906162455378.jpg

ナツフジも花を咲かせている、長い期間を楽しませてくれる。

四ツ沢から入ってオオヒキヨモギの場所へ、これで3度めの正直・・・影も形も無い、絶滅か盗掘か?
残念ながら貴重な山野草を愛でられなくなってしまった。

失意のまま戻った。

IMG_0601_20180906162455686.jpg

分岐にアカバナゲンノショウコが咲き出した、花を見たら少しは元気が出た。

車に戻って海上の森に入る道路際まで移動、民家の小さな池を眺めた。

IMG_0604.jpg

睡蓮が咲いていた。

IMG_0603.jpg

モンシロチョウ、普段は喜んで写すことは無いのだがこの日は一際美しく感じた、たぶん失意の心がそうさせたのだろう。

復活して欲しいオオヒキヨモギ、来年を期待しよう、短い散歩だった。

コメント