FC2ブログ

”降り続けた雨”

予報では曇だったが朝から雨がそぼ降る、今日は妻の”ジムトレ日”、午前中は過去の山行写真等を
見て過ごした、午後に妻が帰宅、雨はより強くなっていた、そして前日に出した車検の車がいつ戻るか判らない。

運んできてくれるはずだが取りに行くとなれば運転手が必要だ、散歩を諦めて休養日とした。

午前中に見ていた過去の山行写真、”雨具と防寒具”、10年以上も前だ。

P1110336_20180912165225536.jpg P1050281.jpg

1000mの山で降られた、何とポンチョのmarukei、忘れていた、ホームセンターで購入した軽いポンチョだった。
写真ではアホみたく喜んでいたが・・・今見てみると恥ずかしい。

次は10月の初旬に登った加賀白山平瀬登山道、2000mを超えた大倉山付近でアラレと雪に降られた
慌てて下山、雨に変わった、雨具は古いヤッケ、この時に感じた、雨具と防寒具は生命線だ。

次の日に見た白山は降雪1m以上、山の怖さも知った、防寒を兼ねたレインウェアはお値段も高い、しかし生命線だ。

P1040335.jpg

直ぐに購入した防寒と防雨レインウェア、風も雨も通さないすぐれものだ。

この日も標高1300m付近で降雪、アット言う間に積雪状態、ザックカバーや保護シートも購入していた。
俄作りの雪よけの下で山飯を食べた。

写真を見ていて色んな思い出が蘇る、雨の休養日も乙な一日だった。

コメント