FC2ブログ

蒸し暑い真夏日

長雨が終わったら夏に戻った、蒸し暑い真夏日、気温は31度、少しの涼を求める。

IMG_0874_20180917160641ced.jpg

ウリカエデのプロペラが赤く色づき始めた、自然に生きる植物は秋色にうつろう。



散歩地は海上の森、森の中は涼しいだろう。

IMG_0871_20180917160642c2e.jpg

アレチケツメイが咲き出した、この野草も帰化植物だ、毎年同じ場所で花を咲かせる。

四ツ沢まで撮るものもなく左右を見ながら歩いた。

IMG_0875_20180917160641045.jpg

アカバナゲンノショウコが咲く数を増やしていた、奥のオケラは少し花を開いていたが次回に写そう。

IMG_0878_20180917160743a29.jpg

コミスジが舞う市道を森の入口へ、森の中は期待通りに涼しい、ヤマジノホトトギスは未だ咲いていなかった。

IMG_0877.jpg

アレチヌスビトハギに遊ぶヒメヒラタアブ、森の中はこのハギばかりの様相だった。

IMG_0883_201809171607429d7.jpg

秋分草は今が盛り、この野草も数が多い。

季節が進まなければ野草も咲かない、アケボノソウもアキチョウジもまだ咲くまでに日にちがかかりそうだ。

inukoujyu_20180917160804139.jpg

イヌコウジュだろうか、暗い森の中にひっそりと咲いていた。

ひたすら歩いて森の出口へ、そこから海上の里に降りた。

IMG_0886_20180917160742ca1.jpg

一気に蒸し暑さが身体を覆う、里に秋の気配は無い、休耕田を散策した。

IMG_0890_201809171607414a8.jpg

コマツナギは初夏から咲き続けている。

IMG_0888_20180917160741cab.jpg

キタキチョウがキツネノゴマで吸蜜、森と違って里は賑やかだ。

azemisiro.jpg

畦の水際ではミゾカクシが咲く、平地の里も山里も咲く野草は同じだ、畦に馴染む野草。

amerikamizukinbai_20180917160642cb4.jpg

休耕田を黄色く埋めつくす勢いで咲くのはアメリカミズキンバイ、強くて増え続ける帰化植物。

IMG_0893_20180917160740df9.jpg

ミソハギの残り花を写して休耕田を出た、サテライトを横に見て大正池方面に歩いた。
しかし、途中で道の真中に大きな水たまりがあった、この日は普通のズックなので水に弱い、諦めて戻った。

帰る途中で地面に羽ばたく蝶が居た。

karasuageha.jpg

カラスアゲハだった、この時期はアゲハチョウが多い、水分や塩分補給中だ。

素直に戻った、これから秋の野草が咲くだろう、2~3日後に再訪しよう、時間は余りあるmarukei。

予報では暑さが続く、夏の暑さは終わらない、歩くのが仕事のmarukei、気楽に休むわけにも行かない。

愛でたい野草が2~3種ある、晴れている間に出かけよう、楽しみだ!

コメント