FC2ブログ

”ツリフネソウ”

瀬戸市の最奥地、土岐市との市境、岐阜県との県境の山間に咲く季節の野草がある。

IMG_1001_20180920160744b9f.jpg

”ツリフネソウ”、特に珍しい野草ではないが県によっては準絶滅指定種にもなっている。

花の形も色合いも大好きな野草だ、今年も時期を間違えずに咲いてくれていた。



愛知でも岐阜でも咲いている場所はあるが、この場所は我が家から最も近い、昨年にブロ友さんから
教えてもらった場所、自宅から車で15分以内で行ける場所。

IMG_0997_20180920160744f33.jpg

遠目にも美しい花姿が確認できた、10輪以上が咲いていた。

IMG_0995_20180920160745059.jpg

今年も愛でて写真に撮れることに感謝、ツリフネソウの間に別の野草も咲いていた。

turumame_20180920160904e16.jpg

”ヤブマメ”。

IMG_1000.jpg

昨年も同じ場所付近に咲いていた、蔓性の一年草だ、日当たりを好むらしい。

この場所は散歩や散策向きではない、写真を撮ったら戻るしか無い、でも時間は余りある。
歩いていないので岩屋堂へ車を向けた、少しでも歩こう!

車を置いて公園内に向かった。

IMG_1003_201809201607436a8.jpg

白花の彼岸花が咲く。

IMG_1004.jpg

週末は”彼岸”だ、季節と大切な時を教えてくれる、自然は偉大だ、ゆっくりだが渓谷の右岸を歩いて滝まで行った。

IMG_1005_20180920160845367.jpg

この日も真夏日に近い気温、水しぶきは心地よい、涼しさとマイナスイオンの独り占め、暫く休憩していた。

もどり道はカメラもしまって歩きに専念、左岸から公園を抜けて車に戻った、いつもの池まで移動して路肩に停めた。
池の奥まで散策、神田池の名物、ハゴロモ藻は暑さで全滅状態だった。

IMG_1006_20180920160845df0.jpg

ツルウメモドキが弾けそうだ、真ん中から割れて真っ赤な実をぶら下げる、そうなると秋本番だ。

IMG_1007_20180920160844afe.jpg

ガガイモの花も健在だ、柔らかそう柔毛が薄紅色の花を囲む、肉厚の花が可愛らしい。

IMG_1012_20180920160844b48.jpg

ヒヨドリジョウゴの実を見つけた、晩春に花を咲かせていた場所だ、そして周りを見たら花もあった。

IMG_1015_20180920160844a56.jpg

花期は8月、9月なので咲いていておかしくはない、5月に咲いているのが早過ぎなのだろう、緑の斑点が可愛い。

雑草が覆いかぶさっている場所、目の前にクズの花が咲いていた。

IMG_1018_20180920160844345.jpg

間近で花の中を見るのも撮るのもあまり経験がない、こんなに綺麗な花の中だとは知らなかった。


好きな野草を愛でて、少しだが歩けて、そして散策も出来た、こんな日も良いもんだ。

コメント