FC2ブログ

渡りカモ第一号

雨が降り続く暗い午後、隣の町内をメインに傘を開いて短い散歩にした。
半分埋め立てられた元溜池、水草で覆われた水面に水鳥らしき姿があった、暗いので写りが悪い。

onaga.jpg

カモだ!、渡り鳥第一号だ、どうやら”オカヨシガモ”みたいだ、地味なカモの姿で判る。

シベリアで繁殖して日本で越冬するカモ、遠い地から”お疲れ様でした”



隣の町内を周回してからいつもの池を往復、50分もあれば歩いたり写真を撮ることが出来そうだ。
自宅から300mも歩けば県有林の際に出る、ハギの花が咲き乱れる県有林。

IMG_1361_20181006155955510.jpg

ホシホウジャクが2匹飛び回っていた、コスモス畑より撮りやすかった。

自宅近くへ戻る道、昨年に溜池が半分埋められて災害時の一時避難場所になった、水は抜かれたが
雨水が溜まって狭くて小さな池を形成している、ここにはクイナが住みついているので立ち寄った。

IMG_1371_20181006155955dd9.jpg

遠くに数十羽の水鳥が浮かんでいた、暗いので肉眼では判別不能、カメラをズームにした。

IMG_1373.jpg

ISO(感度)を高く設定したので画像が荒いが判別可能、”オカヨシガモ”のお嬢様たちだ、水草を食べていた。

いよいよカモの季節だ、いつもの池にも渡ってきているかも知れない、雨で嫌だが少しだけウキウキしてきた。

自宅近くへ戻って鉄階段を滑らないように慎重に上って県道を渡る、急な坂だが頑張って池の奥まで歩いた。

IMG_1377_20181006155954ce9.jpg

途中の銀杏畑、葉は色づいていないが”ギンナン”が熟し始めていた、秋の味覚だ。

池の奥には産廃場がある、一昨年に過剰置きで主が逮捕された場所、荒れ放題だ。

IMG_1382_20181006160049205.jpg

2つの台風の風で扉が破壊されている、かつての道も雑草地帯になっている、私有地通行止めだが
釣り人は入っているのを見ている、しかし、入りたくはない、雑草の種の餌食になりそうだ。

IMG_1379.jpg

遠くから池の中を見た、残念ながらこちらには”カモ”は渡ってきていなかった、雨は強くもなく弱くもなく降り続く。

周辺の散策をしながら帰りについた。

IMG_1378_2018100615595322a.jpg

初夏から咲いている”アレチハナガサ”、その名の通りに荒れ地に花を咲かせ続ける。

IMG_1376_20181006155954345.jpg

ひっそりと休む”ツバメシジミ”、雨中なので飛び回らない、細い小さな突起翅が愛らしい。

IMG_1380_20181006160050259.jpg

”アカネトンボ”も静かに雨が止むのを待っているように見えた。

IMG_1384_201810061600499d1.jpg

”ヒヨドリジョウゴ”の残り花、緑の実と同じ蔓に咲く。

この時期の雑草地帯は蔓性植物の天下だ。

IMG_1381_201810061600503ec.jpg

その代表格の”ヤブマメ”、あらゆる植物に絡みついて咲く、色が鮮やかだ。

IMG_1385_20181006160049536.jpg

毎年に池の入り口の路傍を飾る”チダキコンギク”が一輪咲き出した、たくさんの蕾をつけていた。

頑張って上った坂道を下る、この道脇には”ヤクシソウ”があるはずなので丹念に探してみた。

IMG_1386_20181006160121346.jpg

一輪の花を咲かせた”ヤクシソウ”、この野草もたくさんの蕾を膨らませていた、満開になると黄色の世界を魅せる。

県道を渡って鉄階段を降りれば我が町内、自宅まで40m、雨中の長靴散歩を終えた、ピタリ50分だった。

コメント