FC2ブログ

県森林公園散策--(その3:秋色探し編)

園内を歩き回って”蝶”、”野草”、”秋色の風景”、”野鳥”等など、盛りだくさんの散策だった。

北門から南門へ、目的があった、秋の渡りの時期に見られる野鳥がいる、南門の近くの雑草の平原は
その野鳥が見られるチャンスがある、その地に着いて平原を眺めること5分少々。

遠くの背の高い雑草に動く野鳥を見つけた、50倍ズームで探した。

IMG_1428_201810091626457e4.jpg

目的の野鳥、”ノビタキ”のお嬢様だ、愛くるしい目だ、夏鳥として中部以北で生活するが秋に南方へ渡る。
平地で見られるチャンスは秋だ、目的の野鳥に出会えた、鳥運の良いmarukei健在、♂は居なかった。



来るたびに寄る岩本池の岬、3人のカメラマンがいた、お話をした、天気の良い日は弁当持って
ひねもす池を見たり水鳥を撮ったりしながらす過ごしていると微笑む。

IMG_1393_2018100916255327c.jpg

ヒドリガモが渡ってきていた、岩本池はカモの越冬地、これから賑やかさが増す。

IMG_1394_20181009162552099.jpg

この池に留まっているカイツムリ、これからエサ取りのライバルが数多く渡ってくる。

IMG_1398_20181009162552eb1.jpg

岩本橋の近くにはガマズミの真っ赤な実・・・秋だ。

IMG_1399_20181009162552549.jpg

近くの湿地の木道沿いにウメモドキ?の木の実、これも秋の実り。

森の中を歩いてふるさとの森に行く道に戻った。

IMG_1401_201810091625519a2.jpg

紅葉し始めたイロハカエデ、秋は進む、秋色の光景探しは順調だ。

ふるさとも森の入口にある大きな桜の木。

IMG_1402_20181009162551a44.jpg

寒暖の差が大きくなってきた昨今、桜の葉も秋色になってきていた。

IMG_1403_2018100916264644d.jpg

ふるさとの森にある大きなモミジ、紅葉が進む、極彩色モードで色彩を強調してみた。

森を周回してF湿地で目的の野草を愛でて撮って、南門へ向かった、ひまわり畑もコスモス畑もなくなって
だだっ広い雑草の平原となった南門の空き地、中へ入って野鳥探し。

IMG_1429_20181009162644242.jpg

南方に渡り途中のノビタキだ、遠すぎる、デジタルズームを使用して2000mmまでズーム、画像が荒くなった。

IMG_1426_20181009162645908.jpg

marukeiはこだわらない、草かぶりでも愛らしい目が写っていれば満足だ。

”秋色探し”、”野草”、”野鳥”・・・これで目的の3つが叶えられた、時刻は12時を過ぎた、腹減った!!

F湿地方面に戻ってA湿地に向かう森の中、途中の東屋で腹ごしらえ。

IMG_1430_201810091626449bd.jpg

明太ポテトマヨネーズパン、鳥五目のおにぎり、チキンの三種、美味いのだがヤブ蚊に攻撃されながらだった。
動き回って食べたので味わう程には行かなかった、恨めしや”ヤブ蚊”たち。

途中の場所に赤いものを見つけた、近づいてみた。

IMG_1431_201810091627075c3.jpg

ホオズキだった、森の植物では無い、どこぞ遠くから種が運ばれた自生するようになったのだろう、里の秋だ。

A知湿地前の木で”トントン”と音がする。

IMG_1414.jpg

コゲラの餌探し、野鳥は和みをくれる。

IMG_1441_201810091627072ca.jpg

枯れ色の湿地で陽の光に輝いていたのはノギランの枯れ花、これも秋の紅葉だ、枯れても美しい植物は素敵だ。

この後も歩き回って北門近くでアサギマダラと出会った、この日も散策目的を全て満足、ラッキー日和となった。

よく歩いた、登山ではないが長い距離を歩いた、タオルを忘れたのが失敗だったが”心地よい汗”をかくことが出来た。



コメント