FC2ブログ

弾けた”ツルウメモドキ”の実

朝晩は寒くなった、散歩出掛けは曇っていたが青空も見える天気になった、予報は午後5時過ぎから雨となる。

IMG_1616_20181011161539072.jpg

”ツルウメモドキ”が黄色の皮を弾かせていた、オレンジイロの木の実が秋らしい、それも弾けて種が地表に落ちる。

蔓性の強い植物、花も綺麗だ、来年も色んな木に絡みついて繁殖するだろう・・・”秋は進む”



お馴染みのいつもの散歩道、未だ畦は通行止め、そろそろ開放して欲しい、稲刈りも終了しているのだから。

IMG_1492_20181011161459d1a.jpg

畦に向かう手前の竹林の際、”ムラサキシキブ”が淡い紫色に色づいていた、秋本番には濃い紫色になる。

期待して畦に到着・・・やはり通行止めの防護柵はそのままだった、仕方なく車道を歩いて岩屋堂へ向かう。

IMG_1498_20181011161458746.jpg

車道脇の田圃の縁に”ウリクサ”が咲き乱れていた。

IMG_1497_2018101116145935e.jpg

”キツネノゴマ”は圧倒的に数が多い、大抵は2輪の花を咲かせるが6輪も咲かせているのを見つけた、珍しい。

通行止めの区間が終わったので畦から続く脇道に入った。

IMG_1504_2018101116145800f.jpg

遅咲きの”彼岸花”、遅れて咲くのは福がある、最盛期より美しく感じた、何やら貴重に思えた。

お寺に向かう高架橋下の細い道、斜面は雑草だらけだが可憐な花も顔を出す。

IMG_1505_20181011161458c1f.jpg

”トキワハゼ”、春の雑草だが秋にも咲く、年中見ている気がする、可愛らしい花だお思う。

IMG_1507_2018101116145774d.jpg

”ゲンノショウコ”も数多く咲いていた、フウロ属の野草は特にお気に入りなmarukei。

今年は乗鞍以外に行っていない、従って”ハクサンフウロ”や”タカネグンナイフウロ”などが見れていない。
ゲンノショウコもフウロ属、満足しよう。

晴れ間も出て急に暑くなった、蒸し蒸しの暑さだ。

IMG_1508_20181011161540171.jpg

涼しい寺の境内でお茶休憩、しばし静けさに浸った、境内を散策したが撮るような野草もなかった。

IMG_1509_20181011161540c9f.jpg

境内から裏庭に続く道、通行止めの竹竿の前に白い花が咲いてた、”ナナカマド?”だろう。

初秋なのに夏の花が返り咲く、山ではナナカマドの紅葉の写真記事が多くなってきている、葉は赤や黄色になる。
時期がくれば赤い実や色づいた葉で賑やかになりそうだ。

陽射しが強うそうだ、帰り道はまともに西日があたる、カメラをしまってウォーキングに切り替えた。

予想通りの強い西日が正面から射す、いつもの池手前でたまらずにお茶休憩。

IMG_1511_20181011161540888.jpg

風に揺れ、西日を浴びて穂が煌めく”ネコジャラシ”、揺れるのでピンボケだが雰囲気が出ている、撮り直しはしなかった。

そのまま自宅へ直行、冷たいコーラとオヤツが待っていた。

コメント