FC2ブログ

”雲あがる”

予報に反して朝から降り続けた雨、止んだのは午後3時過ぎだった。
散歩をやめる理由は無し、隣の町内を一周することにした。

IMG_1728.jpg

裏山の岩巣山山塊に”雲あがる”、標高300mにも満たない地にも降りていた雲、雨上がりだ。



当然に長靴着用、薄い靴下だったので”ガポガポ”と音をたてて歩く。

IMG_1722.jpg

木の実に垂れる雨の滴が輝く、雨上がりの風景だった。

オカヨシガモが渡ってきてた元溜池、居着いているのだろうか、眺めてみた。

IMG_1718_201810161612197df.jpg

数十羽が水草を食んでいた、アレレ!、前回は暗い写真だったのでオカヨシガモだと思っていた。
くちばしが黒い、緑の羽もある、「コガモの♀」だった、カモの判別も難しい。

IMG_1714_2018101616121961a.jpg

羽ばたく姿も撮れた。

県有林の際に向かった。

IMG_1720_2018101616121841a.jpg

ヒヨドリバナも咲き始めた細い路地道。

IMG_1719_20181016161219bf8.jpg

汚れた水路の際はマルバルコウで埋め尽くされていた。

IMG_1725.jpg

空き地にはアレチケツメイが最後の花を咲かせていた。

IMG_1727_2018101616133331a.jpg

県有森の際沿いはヤマハギの花の縦列状態、雨粒が綺麗だ。

隣の町内一周、写真を撮りながら35分で周回した、自宅が見える所から先日に蝶のマクロ撮影した
空き地に寄り道することにした。

IMG_1729_20181016161332989.jpg

先日は数十頭もいたウラナミシジミの姿無し、ヤマトシジミがひっそりとお休み中、雨降りは蝶も苦手なのだろう。

akiakane_20181016161220ca8.jpg

コセンダングサにはアキアカネ?が翅を乾かす、アカトンボの見分けは難しい、図鑑でも難しい。

inutou.jpg

コセンダングサの中に埋もれるように咲いていたのはシソ科の野草、イヌトウバナ?、イヌコウジュ、わかりまへん!

IMG_1733_201810161613320ef.jpg

自宅へ戻る道の途中、クコの花が咲いていた、最後の一輪みたいだった。

住宅地でありながら隣の町内は自然が色濃い地だ、短い散歩だったが雨上がりの景色を楽しませてくれた。

コメント