FC2ブログ

秋の山路の森

静かな秋の森を歩きたくなった、自宅から極めて近い”山路の森”(猿投の森)が良いだろう。
この時期の野草が見られるかも知れない。

IMG_1745_20181018161819d0c.jpg

秋の森を彩る”ガマズミの実”の出迎えを受けて森のなかに入った。



林道を外れて山路の森の中。

IMG_1739_2018101816182026e.jpg

ノコンギクだろうか、森の路傍のいたるところに咲いていた。

IMG_1742_20181018161819e64.jpg

アカバナゲンノショウコも終わりに近いが咲いている数も多かった、大好きな野草だ。

森の外周道へ向かった、そろそろ咲いているだろう森の花。

IMG_1747_20181018161818ddb.jpg

コウヤボウキ、少し時期が早かったみたいだが3輪咲いていた、一年ぶりのカールした花を愛でた。

近くにリンドウが咲く場所がある、探してみた。

IMG_1754_201810181618188ab.jpg

訪ねる時期が少しだが早かった、リンドウの蕾は膨らんでいたが咲いていなかった、もう2~3日で咲くだろう。

いつもなら湿地を経由して外周道を歩くのだが途中から尾根路に進路変更、目的は秋の野草。

IMG_1756_20181018161900198.jpg

尾根路はコアジサイの路でもある、道の両脇はコアジサイだらけだ。

IMG_1755_201810181619016c1.jpg

まだ色づいてはなかったコアジサイ、秋が深まると黄色の世界を楽しませてくれる。

目的の野草が咲く場所は見当がついている、展望所に続く急な坂を途中まで登って探した。

IMG_1752_201810181618180c8.jpg

アキノキリンソウ、森や亜高山帯を飾る秋の代表的な野草だ、一株だけだったが見つけた、満足のmarukei。

展望所には行かずに引き返した、巻道で林道合流点を目指した。

IMG_1759.jpg

人の訪れが極端に少ない山路の森、巻道は台風の爪痕で数多くの倒木で遮断されていた。

またいだり屈んだり、それでもダメな場合は倒木を持ち上げて位置をずらしたりした、腰を痛めた。
ようやく倒木地帯を通過、森の路傍どころか道までが野草で埋まっていた。

IMG_1763_20181018161900adf.jpg

アキチョウジが咲き乱れる森の道、踏まないように注意して歩いた。

人が歩く頻度が少ない道は自然に回帰する速度も早い、静かな森にはかけがえのないありのままの自然がある。

ほどなく林道と合流、秋を探しながら先へと進んだ。

コメント