FC2ブログ

秋のノジスミレ

散歩は日常のリズム、marukeiの日常で一番大切な事でもある。
歩いて写真を撮ってblog記事を書く、写真は証拠写真程度の領域だ、されど・・・。

何処を歩こうか?、いつもの道では撮るものも無い・・・等と本末転倒な思いとなって散歩を迷う日がある。
この日もそうだった、”違うだろう!”、撮るのが無くて当たり前、”お前さんは歩くのが仕事”と自らに言い聞かせた。

IMG_2166_201811031603291cc.jpg

いつもの畦道、ちゃんと愛らしい野草が咲いていた、”ノジスミレ”、春の野草だ。

昨年も秋に咲いていた、”帰り花”という記事があった、不思議な現象ではない、土の温かさが程よいのだろう。



寒さが続く、散歩を止めようかと思ったが情けない、歩くのが正しい、いつもの畦道へ歩いた。

IMG_2163_20181103160330fac.jpg

二番穂が風に揺れる。

IMG_2167_20181103160329cd6.jpg

気持ちのよい秋の空の下、何を躊躇していたのだろう、撮りたいものを撮ればいいじゃないか。

迷った自分が情けない、ゆったりと畦の野草を探しながら歩く。

IMG_2162_201811031603305e5.jpg

ウリクサも元気に咲いている、小さな小さな野草。

IMG_2203.jpg

ハナニガナも風に揺れる、歩きに出てよかった。

IMG_2164_20181103160329a4c.jpg

ノジスミレを見つけた、探すと7つ咲いていた、昨年は驚いたが今年は当たり前に感じる”帰り花”だ。

途中から外周道へそれた、再度戻るつもりだ、くまなく歩きたいからだ。

IMG_2054_201811031603307c6.jpg

アレチヌスビトハギの残り花、種をぶら下げている中にポツンと咲いていた、種はヒッツキムシの代表だ。

畦道に戻った、ほぼ縦横に歩いた、畦も最後に道となる。

IMG_2207_2018110316042159a.jpg

オオジシバリ、春の野草だが秋バージョンもある、この畦は両方だ。

畦を抜けて岩屋堂へ向かう裏道へ、畑が続く。

IMG_2171_20181103160422f44.jpg

つい最近刈られた畑の際にキランソウが数多く顔を出していた、野草は強い。

IMG_2170_20181103160422b69.jpg

ミソソバにヤマトシジミが翅を広げる、太陽の光を浴びたいのだろう、花を移っても直ぐに翅を広げていた。

IMG_2208_20181103160421e3a.jpg

ハナイバナも咲いている数を増やしだした、畑の際は野草や雑草の天下だ、marukeiも心を強くしよう。

IMG_2211_20181103160420e0d.jpg

クマバチも忙しい、透けた翅に花の色が映る・・・綺麗だ!!

民家も終わり日陰の道になったら極端に寒い、充分に撮った、カメラをしまった。

少々大股で脇目もふらず、いつもの池も横目に見て自宅まで歩き通した。
歩けばやはり楽しい、自然の写真付き”散歩日記”、それ以上でも以下でもない、迷っても歩こう!!!


コメント