FC2ブログ

境内の秋

ライトアップの始まった岩屋堂は昼も混雑している、みすぼらしい散歩姿のmarukeiは躊躇してしまう。
隣の町内を一周した後に裏道から岩屋堂入り口の寺の境内に歩いた。

IMG_2356.jpg

年の最後に鳴らされる鐘楼の側にあるモミジも紅葉しだした、寺の境内の秋は深まっていた。



4年ぶりに参加した先輩たちが集う会、夜が更けるまで深酒で歓談、布団に潜ったが枕が合わず。
先輩方の賑やかな音で眠れない、深夜2時過ぎに座布団の枕にしたら少しは眠れた。

睡眠不足の午後、無理矢理でも歩く事にした。
何も撮れなかった隣の町内一周、岩屋堂へ向かう裏道に入った、睡眠不足で頭が痛い。

IMG_2344_201811111651065c5.jpg

この日最初の一枚、ヤクシソウを望遠で撮っていると次から次にモミジ狩りの帰りの車が来る、落ち着かない。

IMG_2350_20181111165106c28.jpg

いつもの池の神田池、いまだカモの到来無し、今年は遅い、渡ってきて賑やかになって欲しい。

お寺に向かった、ひっきりなしに車が来る、道の端を歩いた。

IMG_2351.jpg

高速道路の高架橋下から岩巣山方面が見える、標高480m付近は色が付いて来た、紅葉が進んで来ている。

岩屋堂近辺で一番紅葉が遅いお寺の境内、本堂の裏を覗いてみた。

IMG_2357_20181111165153852.jpg

晩秋なら美しく色づく本堂の裏庭も緑が多い、小さな五重塔も苔の緑があまり映えない。

IMG_2355_201811111651051ba.jpg

戻って本堂の正面、サンシュユが細長い真っ赤な実をぶら下げる、春は黄色の美しい花、秋は赤い実。

山門まで戻って裏参道から帰ろうと思った、そして歩いていると足元に咲く野草が目に入った。

IMG_2360_20181111165152d6f.jpg

キチジョウソウの群落だった。

IMG_2359_2018111116515210a.jpg

何十年も通っている境内、気が付かなかった、森の上部に行かなくとも愛でられる、新しい事実に感嘆した。

IMG_2353.jpg

裏参道にたった一株のフユノハナワラビも秋バージョンになっていた。

岩屋堂の入り口は車と人でにぎわう、眠くてどうしようもないmarukei、来た道を帰る。

IMG_2361_20181111165152975.jpg

まぶしいくらいの西日に照らされたモミジが綺麗だ、自然の景色は寝不足も忘れされてくれる。

早く帰りたい、来た道なので散策の必要もなし、寄り道せずに一所懸命に歩いて帰った。

板長料理でむかい酒、我が身の匂いがしみついたベットで早めのお休み、考える暇もなく眠りに入った。


コメント