FC2ブログ

”イヌセンブリ”

用事があって日進市まで出かけた、長久手市の隣の市、それなら長久手のとある場所に寄り道して帰ろう。
そこは”イヌセンブリ”が咲く地だ、咲いている場所は不明だが探せば何とかなるだろう。

しかし、時期が遅すぎる、期待半分以下で寄り道した。

IMG_2365_20181113150721f75.jpg

幸運だった、たった一輪だけだったがイヌセンブリに出会うことが出来た、青い縦縞と自毛が特徴的だ、初めての花だ。



その地は春の貴重なゼフィルスが見られる地、そしてその地形が好きな場所だ。

IMG_2366_20181113150720975.jpg

谷戸と呼ばれる地形、谷戸(やと)とは、丘陵地が浸食されて形成された谷状の地形の事を言う。
雑木林、湿地等など、自然に生きるものたちの大切な環境がある。

インセンブリの咲く場所は判らない、おおよその見当はつく、しかし雑草たちが刈払われていた。
諦めずに雑木林の奥まで入ったが無し、その帰り、一輪だけ咲き残っていたイヌセンブリを見つけた。

IMG_2363.jpg

初めて愛でる野草、昨年は失念していて出会えていなかった、幸運のmarukeiだった。

谷戸を一周りして帰りについた、帰りは海上の森の脇を通るので少しだが歩くことにした。

IMG_2368.jpg

四ツ沢から森の入口へ、狂い咲いていたツツジを見ながらサテライトを目指す。

IMG_2370_20181113150720fdb.jpg

ヤブランが数珠玉のような黒く輝く実をつけていた。

IMG_2371_20181113150719680.jpg

稲架掛けと色づいた木々、森の里は秋真っ只中だ。

IMG_2372_20181113150752308.jpg

民家の庭では柿の収穫中、昨年は3ケで¥200だった、サテライトの向かいの民家玄関に並ぶだろう。

sirodamo.jpg

シロダモの花が咲く市道をテクテクと歩く、何も考えず歩いた。

IMG_2375_2018111315075269b.jpg

駐車場の近く、葉が枯れて秋の実が熟した木を見つけた、晩秋の景色に近い、どんどんと秋は深まる。

昨日は妻の誕生日、鍋の食卓にした、内緒で妻へのケーキを買った、”おめでとう”と言って渡した、笑顔だった。

コメント