FC2ブログ

どんぐり「ゴロゴロ」

妻と歩いた散策道、上から落ちる”どんぐり”、ボットンと音をたてる。

IMG_2406_20181114152541755.jpg

足の踏み場もない、”どんぐり”を避けて歩くことも出来ない、「バキッ!」、「ガシュッ!」、秋の音を鳴らして歩いた。



美味しいパンを食べたい、妻の要望は素直に了解、豊田市の郊外にあるパン屋さんに出かけた。
marukeiの身支度を見て妻もザックと登山用のパンツと靴を用意した、買い物後は山ランチハイクだ。

パンを購入、近くには地産の新鮮な野菜を売っている店もある、野菜と手作りのオニギリを買った。

最初の行き先は昭和の森の小高い展望東屋だ、入口付近に駐車して歩き出した。

IMG_2377_201811141524055a8.jpg

秋景色の快適な林から尾根に直登した、少しだが右膝が痛んだ。

IMG_2380_201811141524051e8.jpg

ヤマウルシの赤色、足元はメープルの枯れ葉、”カサコソ”と音を立てながら進む尾根は快適だった。

IMG_2382_201811141524059e4.jpg

遠くに恵那山などが広がる展望東屋に到着、お昼時間だ、手作りのオニギリは具だくさん、美味かった。

IMG_2386_201811141524049bc.jpg

桜に絡まる紅葉した草を愛でながら山を降りた、来た道の更に奥の尾根から下道の池の側に降りた。

IMG_2387_2018111415240443e.jpg

カルガモの泳ぐ池を横断して駐車場に向かった、移動時間3分、県緑化センターの第三駐車場へ到着。
膨れたお腹を散策しながら調整しよう、管理棟に向かった、用足しが目的。

IMG_2388_2018111415240469d.jpg

春と間違えて咲き出した”ボケ”を見たり、四季桜に感嘆したりしながら管理棟に到着。

IMG_2392_20181114152505a2d.jpg

先に終えたmarukeiは中庭で妻を待つ、暑いくらいの気温、流れ落ちる水が気持ちよさげに感じた。

中庭から長いトンネルを抜けて緑化センターの表口を日本庭園に向けて歩いた。

IMG_2394_20181114152504200.jpg

黄葉したメタセコイヤの並木道、軽快な足取りの妻を追う、バラ園などを楽しみながらユキヤナギの道を歩く。

「咲いてるよ!」、先行する妻の声・・・。

IMG_2398_20181114152504d42.jpg

ポツンポツンと”ユキヤナギ”が咲いていた、ユキヤナギも春だと思っているのだろうか?

IMG_2399_20181114152504612.jpg

昨年も同様だったので驚くことでは無いが、不思議な気分になる、花は綺麗なので嬉しい。

日本庭園から岩庭(ロックガーデン)を目指す、路傍のトサミズキも咲いた形跡があった。

IMG_2402.jpg

30段以上あるモミジの道を登る、ここは秋そのもの、膝をかばいながら「待ってくれ~っ!」のmarukeiの息は荒い。

岩庭を一周した。

IMG_2407.jpg

ひっそりと”ナンバンキセル”が咲いていた晩夏の花の咲き残りだ。

IMG_2403_201811141525037f5.jpg

秋の花、”シオギク”が最盛期、黄色い群れが目を引きつける。

そしてこの日最大の不思議に出会った。

simotuke.jpg

白花の”シモツケ”が花を咲かせ、種もつけていた、11月中旬にシモツケの花を見たのは初体験だった。

気候温暖・・・地球規模の温暖化現象だろうか、年々に暖かさが増してくるのだろう。

山道を歩き、美味しいオニギリを食べ、展望を満喫、野草を楽しんだ妻とのハイクと散策終了。

帰りは下道で道筋の紅葉を楽しみながら帰った。

コメント