FC2ブログ

”野鳥探し”

秋が深まると野草も咲いている種も数も少ない、この時期は野鳥を撮る機会も増える。
特に冬から春にかけては野鳥の記事も多くなる、難点は歩かない場合が多い、この日も歩く距離は短かった。

一冬通うmarukeiの野鳥第二フィールド、暫くぶりに訪ねてみた。

IMG_2411_2018111516035095d.jpg

お出迎えは”ホオジロ”、紅葉した木に停まる、距離は遠かったが大好きな野鳥が撮れた、綺麗なホオジロ君だった。



野鳥探し第二フィールドは瀬戸の北、上半田川の山裾の里、自宅から車で10分で行ける。

IMG_2408_20181115160351a1e.jpg

神社横の空き地に置き車、山裾の細長い畑地に歩いた。

IMG_2426.jpg

この地は森や山に囲まれた狭い谷地、白菜畑が広がる、春は野草、冬は野鳥の天国だ。

中間地点で野鳥を待つ、ベニマシコの鳴き声はするが探せない、何もせずに佇む。
遠い場所から野鳥が飛び立って枝に停まった。

IMG_2416_20181115160350b15.jpg

望遠で見たらホオジロだった、遠い・・・、仕方がないデジタルをオン、150倍撮影だった、画質が荒くなった。

この地のデメリットは細い路から野鳥が停まる木々の間が遠い事だ、よほどの運がなければ大きくは撮れない。

野鳥探しは待つことが重要、とにかく待つ、アット言う間に30分、雑木林から野鳥が飛び立った。

IMG_2410_20181115160350be6.jpg

一番に逢いたかった”ベニマシコ”だった、お嬢様、しかしポジションが悪い、証拠写真どまりになった。
彼女は直ぐに遠くへ飛び去った、二度と戻ってはこなかった。

畑地の上部へ歩いてみた、何やら野鳥が藪をつたう、静かに待ってみた。

IMG_2418_20181115160349a7e.jpg

ようやく見つけたが遠い、ジョウビタキ君、1200mmでもこの程度、トリミング出来ないmarukeiのコンデジの限界だ。

更に突き当たりまで歩いた、”チリリ”と鳴いて藪から野鳥が顔を出した。

IMG_2423_20181115160349b70.jpg

ホオジロのお嬢様だった、marukeiは雄より牝が好きだ、目が可愛くて優しい、地味な姿と色だが愛らしい。

突き当りからの帰りは野草を探して歩いた。

IMG_2434_2018111516042917b.jpg

茶の木の花、晩秋を飾る花だ。

IMG_2433.jpg

畑の土手に咲いていたのは”ハハコグサ”、春から初夏の野草だがこの暖かさでは咲いていても不思議では無い。

IMG_2435_20181115160428a41.jpg

帰化植物のベニバナボロギクは綿毛の種を風に乗せる、秋らしい景色に和むmarukei。

時計を見たら一時間以上も山里に居着いていた、歩いた距離は1km少々、野鳥待は時間の経過が早い。

冬から早春にかけて冬鳥の追っかけが始まる、blog記事も野鳥の写真が多くなりそうだ、毎年の事だ。
今年はカモの渡りも遅い、冬鳥の渡りも遅く感じている、早く賑やかになって欲しいと願っている。

コメント