FC2ブログ

”そらの色”

午前中に妻と1時間40分の散歩をした、疲れて休んでいたが”そらの色”に惹かれて出かけた。
近場の散策だった。

konpeki.jpg

ほぼ無風、そよ風が時々吹く程度だ、化学工場の煙も上に漂う。

天気予報で使われる”そらの色”の表現は3つらしい。
「紺碧」・・・見上げる角度に見た空の色らしい、真夏の濃い青色。
「天色」・・・”あまいろ”、やや濃い青空の色、秋の空に多いらしい。
「空色」・・・”あまいろ”より薄い青、遠くてチリなどで霞む空の色。

この日の空の色は紺碧に近い天色の空だった、気持ち良い秋の午後。


午前10時、妻が岩屋堂の紅葉が見たいという、ガイドに雇われた、自宅から周回して1時間40分。
紅葉は晩秋のような状態、緑のままに枯れて落葉した木々、紅葉も冴えない、がっかりの妻だった。
車と人は大混雑、賑わっていた岩屋堂、帰って昼食、疲れて休んでいた。

出かけたのは午後3時前、隣の町内の小高い場所から名古屋方面を遠望。

sorairo.jpg

春霞のような景色だ、「空色」の世界、鈴鹿のお山もボンヤリと見える。

県道を歩いていつもの池へ。

IMG_2491_201811171626357d2.jpg

池の奥、対岸にアオサギがいた、何やら狙っている様子だ。

IMG_2492_20181117162634320.jpg

首を伸ばして前かがみ・・・餌は取れなかった、池の全面に戻った、アオサギも同様についてくる。

IMG_2515.jpg

場所を変えて餌を待つ、そんな光景を飽きもせずに眺めたmarukei、一瞬ベニマシコが見えたが撮れなかった。

IMG_2502.jpg

藪からアオジが飛び出した、今年はアオジだらけの状態、藪の中はアオジの地鳴きが続く。

IMG_2496.jpg

近くにもう一羽飛び出した・・・”可愛い!!!”、お嬢様だ、素敵なモデルさんに感謝。

岩屋堂から戻る車がひっきりなし、向かう車もひっきりなし、人気なんだ岩屋堂。

IMG_2493_20181117162634765.jpg

眼の前にオオアオイトトンボが飛んできた、今月が見られる最後の月だろう、大好きなイトトンボの季節も終わる。

働くわけではないmarukei、ボンヤリと過ごす時間は長いほうが良い、早く岩屋堂の喧騒が終わってほしい。
ライトアップは明日までだ、後1週間、落葉が進めば静けさが戻るだろう、無事に時が過ぎることに感謝している。

コメント