FC2ブログ

帰ってきた”カワセミ”

春以来、鳴き声も姿も、聴いたり見たり出来なかったいつもの池。
甲高い鳴き声に心が騒ぐ、”カワセミ”だ!、池の奥まで行ったが姿はない、戻る途中で声がした。

池の真中付近の対岸だ、釣り人が池の際まで行く場所がある、急なうえガラス等が捨てられて散乱している所だ。
意を決して慎重に降りる、立木にぶら下がったりして池の際に降りた。

IMG_2856_20181206161740807.jpg

感動!、40m位の距離に停まった”カワセミ君”、いつみても美しい野鳥だ、”お帰りカワセミ君”



いつもの散歩道にでかけた、県道沿いを畦道に向かっていると隣の雑木で音がする”トントントン”

IMG_2791_20181206161605b1d.jpg

”コゲラ”のお嬢様だった、オスは頭部に赤い毛があるが出会うことは少ない、散歩の最初から幸先良し。
この日の散歩は野鳥探しを主とすることにした、畦を突っ切って寺の境内へ。

IMG_2802_2018120616160415b.jpg

ジョウビタキの鳴き声、サンシュユの木の向こう、椿の木で鳴いていた、お嬢様だ。

IMG_2798_2018120616160578a.jpg

撮りやすい場所に移動した、タキ嬢は相も変わらず可愛らしい。

IMG_2799_20181206161604a1e.jpg

愛くるしい目、”ヒッヒッ!タタッ!”と独特の鳴き声だ、今冬は渡って来ている数が少ないような気がする。

期待のルリビタキは鳴き声も無し、寺の境内を諦めて岩屋堂の入り口からいつもの池まで歩き通した。

まずは池の前面で眺める、カモは居ない、草薮で地鳴きするのは”アオジ”だ、出て来るまで待った。

IMG_2807_201812061616048b1.jpg

飛び出したのは若いオス?、成長のオスは目の周りが黒くてギャングみたいだが、このオスはそこまで黒くない。

IMG_2826_20181206161716745.jpg

次に飛び出したのはお嬢様だ、やはり愛くるしく優しい顔をしている、素晴らしいモデルさんだ。

”ギーギィ”と隣の木で鳴き声、”コゲラ”だろう、オスであってほしい。

IMG_2824_2018120616394494d.jpg

この日2羽めの”コゲラ”、やはりお嬢様だった、落葉の季節は野鳥探しが嬉しい、見つけやすい。

カワセミの鳴き声で心がさんざめいて苦労して降りた水際、目を更にしてブルー色を探した。

IMG_2853_20181206161741855.jpg

ようやく見つけた、後ろ向きのカワセミ、くちばしの下が黒いので男の子だ、移動してくれと願った。

IMG_2843_20181206161715fc7.jpg

願いがかなって移動してくれた。

IMG_2836_201812061617166b8.jpg

小さいので望遠1200mmでもこの程度だ。

IMG_2849_201812061617155c1.jpg

デジタル望遠機能ON、1500mmで撮影、これが限界、新しいカメラが欲しくなる。

クールピクスP1000、コンデジながら値段は10万円以上、望遠は光学125倍、2500mm相当だ、高嶺の花だ。

超久心ぶりのカワセミに大満足、転ばないように慎重に道路に戻った。

帰り際、ヤマガラのお見送りを受けた。

IMG_2822_20181206161603f14.jpg

説明不要の可愛さだ。

IMG_2823_2018120616171646a.jpg

咥えた木の実は美味しいか?、お見送りサンキュー、マタネ!

野鳥づくしの散歩だった、冬になれば散歩の楽しみは野鳥探し、運が無ければ出会えない。
撮れない日はblog更新が滞るかも知れない、風景写真などでも頑張ろうと思った。

コメント