FC2ブログ

”名残色”

12月に入って季節は冬に進んだ。
いつもの散歩道も色あせて来ている、お寺に向かう高速道路の橋架下はモミジの紅葉が遅い
そして落葉も遅い。

IMG_3017_20181213154242313.jpg

落葉が始まっていたが一部のイロハモミジに秋の名残色が残っていた、キレイな紅葉だ。



散歩日和の午後。

IMG_3011_201812131542438f7.jpg

いつもの畦道はだんだんと枯れ草色になってきている。

IMG_3010_20181213154244ffe.jpg

食べ物の少ない季節、土ならしを終えた田んぼは貴重な餌場だ、”ケリ”もやってきていた。

IMG_3013.jpg

花期は初夏だが咲き続けている”キランソウ”、咲いたままで越年するのか?、霜が降りれば枯れるだろう。

畦を抜けて民家脇から高速道路高架橋下に向かう。

IMG_3014_201812131542438ac.jpg

もう咲き出した”ニホンスイセン”、早い咲きだしだ。

高架橋沿いの道にあるイロハモミジは例年12月に紅葉する、先週に色づき始めた。

IMG_3018.jpg

殆どの木は落葉し始めていたが、まだ美しく色づく木も残っていた、秋の名残を楽しんだ。

岩谷堂には入らずにいつもの池まで歩き通す、いつものようにお茶休憩。

池の名は”神田池(ジンデンイケ)”と名がついている、この2週間で水かさが激減してる。

IMG_3020_201812131543322e5.jpg

堰堤を望遠したら40cm以上も水かさが減っている、2週間前に何やら堰堤付近で2~3日作業が行われていた。
池の奥に向かった、草漕ぎをして堰堤付近を見てみた。

IMG_3033_2018121315433188e.jpg

作業した場所にパイプやわけのわからない物がくくりつけてあった、そして流れ出る水音がはっきりと聞こえた。

階段下に排水口があり、それを開ける作業だったのだろう、毎日水が排水されていた。

IMG_3021_2018121315433121e.jpg

池の手前は土が見えるほどになっていた、アソサギが着地できるほどだ、池の4分の一が地上に出てきた。

一週間もあれば水のない池になってしまう、カワセミやカモ、そして絶滅危惧種の”ヒクイナ”もいなくなる。

どうしようとしているのだろう・・・。

IMG_3019_20181213154332d1d.jpg

ジョウビタキが午後の光に照らされながら鳴く。

池には鯉、ブラックバス、ブルーギル、ザリガニ等など多種が生息する、心配なmarukeiだ。

コメント