FC2ブログ

愛してやまない”ジョビボール”

ジョビボールとは、野鳥のジョウビタキが寒さを防ぐために丸くなる姿の事を言う。

特にお嬢様は目が愛くるしい、精一杯に毛を膨らませて”丸~るくなる”、散歩で出会った。

IMG_3032_20181214155215a93.jpg

現役を引退して始めた散歩、そして写真、野鳥が好きになった、特に好きになのは冬に出会ったジョウビタキのお嬢様。

ひと目で愛してしまった、それからも愛し続けている、北西の季節風、ジョビボールになったお嬢様、”可愛い!”



午前中は養母を医者へ・・・疲れた、帰ってきて買い物へ、帰宅したのは午後1時過ぎだった。
動作の遅い復活させたPCの対応を少し試みた、不十分ながら動作は少し早くなった、散歩に出かけた。

IMG_3024_20181214155119628.jpg

いつもの畦道だ、寒くなっても土手の冬枯れは進まない、緑色も多い、雲ひとつない空、そして強い季節風だ。

IMG_3023_20181214155119752.jpg

冬の午後、marukeiの影も長くなった、実物より影が良い、何故ならば・・・”スマート”に見える。(爆)

IMG_3022_20181214155120653.jpg

冬のタンポポの鮮やかな黄色に癒やされる、普段はあまり写さないが冬は別だ。

畦を抜けて、お寺の境内に寄り道、ルリビタキの声に誘われて岩屋堂へ入った、野鳥は見つけられなかった。
今季はルリビタキが少ない、岩屋堂では見ていない、昨年はルリビタキ天国だった、寂しい!

IMG_3025_20181214155119ace.jpg

渓谷の上部は冬枯れの景色になっていた、寒々としてくる。

東海自然歩道で重機が作業していた、古いお化け屋敷みたいな”便所”を壊していた。
近くには公園のトイレもある、壊して正解だ、薄気味悪い状態だったので明るい場所になりそうだ。

戻りも野鳥の声に聞き耳をたてながらだったが残念ながら聴こえては来なかった、いつもの池まで歩いた。
水が抜かれている池はカモもいないので眺めても仕方なし、周りで野鳥を探した。

IMG_3036_20181214155215848.jpg

モズが大きい蜘蛛らしき生き物を捉えた、するどいハンターだ。

IMG_3042_20181214155215068.jpg

”ジュクジュクジュク”と鳴くのはシジュウカラ、やっぱり可愛い。

ベニマシコの声はするが姿を見せない、ウロウロして探したら飛んでいってしまった、悔しい!

草薮から野鳥が飛び出して遠くの枝に停まった。

IMG_3043_201812141552140f5.jpg

”カシラダカ”だった、そろりと近づいた。

IMG_3047_2018121415523367a.jpg

お嬢様だ、野鳥のお嬢様はどんな種類でも”目が愛くるしい”

IMG_3046_20181214155214fd0.jpg

こちらを向いてくれたが暗くて上手に撮れなかった、頭毛が高いカシラダカ、今季初出会いに大満足。

”ヒッヒッ、タタッ!”と鳴き声、ジョウビタキだ、必死に探した、距離は10m以上だが我が望遠デジカメの範疇だ。

IMG_3026_201812141551187f2.jpg

嬉しや嬉しや!、大好きなジョウビタキのお嬢様だった、撮っていたら強い北西風が吹き出した。

IMG_3029_201812141552164a4.jpg

お嬢様のフサフサした柔らかそうな毛も風に逆立つ・・・寒い!、marukeiは身を縮める。

IMG_3028_201812141551185c4.jpg

お嬢様の反応は早い、直ぐに”ジョビボール”になって北西風にからだを向けた、”羨ましい寒さ対応”。

風は吹きやまない、名残惜しいが十分に満足した、”またねタキちゃん”と言ってお別れした。

自宅は北西方向、冷たい伊吹おろしに向かって歩いた、冬らしくなったこの頃、散歩も野鳥頼りになってきた。

コメント