FC2ブログ

雨の合間

夕方から降る雨は夜半に更に強くなった、久しぶりの纏まった雨、雨音に誘われて早めに眠った。
朝も雨は止まない、午後2時過ぎにポツポツと降る雨になった。

IMG_3261_20181223161047cc5.jpg

サンシュユの真っ赤な実が雨粒を抱えて煌めく、晴ればかりでも自然は成り立たない、雨は必要な自然の糧だ。



養母のお世話から帰って昼食、降り止まない雨に読書を決め込んだ、それでもジットしていられない。
二階の窓越しにみたら雨は止んだように見えた、午後2時過ぎたので階下に降りて散歩支度。

外に出たら”ポツリポツリ”と雨が降っていた、”大丈夫”と妻の心配声を後ろにして歩き始めた。

IMG_3257_20181223161048ad4.jpg

田の畦は雨に元気づけられたのか春模様だ、一枚の草紅葉の赤も霞んでしまう。

IMG_3256_20181223161048f48.jpg

とても12月とは思えない畦の土手模様、所狭しと春の野草が咲き群れる。

幸いに雨はポツンのままだがのんびりと歩いてはいられない、吹き抜けがキツイ畦を抜けてお寺の境内へ。

IMG_3258_201812231610484a4.jpg

参道の橋を飾る石頭に晩秋の景色が残る、静かだ・・・お茶を飲んで辺りを見る。

IMG_3259_20181223161047f92.jpg

雨に精気を貰った大石の苔、散らばるモミジの葉に”侘び寂び”を感じた、雨の日も良いものだ。

寺の境内に別れを告げたら家路についた、池のそばに着いたら雨が降り出した、枇杷の木の下で雨宿り。

IMG_3266_20181223161047c05.jpg

ツグミの声がするので雨宿り場所から眺めた、高い木の枝に数羽が停まる。
例年なら下に降りて餌探しだが今季は渡りも遅い、出会うのは今季たったの2回目だ。

小ぶりになったので家路に急いだ、夕方近くになって雨は止んだ、夕食後に外に出てみた、寒くは無い。
東の空の一画、雲がきれて輝くお月さんが出ていた、カメラを取ってきて写した。

IMG_3272_20181223161106f43.jpg

久しぶりのお月さんの写真。
もうすぐクリスマス、お月さんをトナカイとサンタが横切る・・・そんなメルヘンチツクな光景が瞼に浮かんだ夜だった。

コメント