FC2ブログ

”寒さ続く”

2019年になって初めて歩いた”いつもの散歩道”、北風が強くてめげそうになった。
背中を丸めて歩き続ける、30数分経過してようやく身体が温まった。

帰り道、久しぶりに山頂を見せた伊吹山。

IMG_3422.jpg

寒くて北風が強い日は”冴ゆる景色”が見られる、雪を抱いた伊吹山が荒々しく見える冬景色、寒さは続いている。



自宅を出て風の強さに驚いた、重たいmarukeiでも風に押される、迷ったが引き返すのも恥ずかしい。
我慢だ、そのうちに慣れるだろう、いつもの散歩道に向かった。

町内を出て直ぐに県道に合流、路傍の雑木林から大好きな野鳥の声がする、行ったり来たりして待ってみた。

IMG_3426_20190103152538874.jpg

やや遠くの高枝に出てきたのは”ベニマシコ”のお嬢様、”ヒッホッ!”と鳴き続ける
超大好きな野鳥に散歩早々に出会えた、寒さを押して歩きだしたご褒美を貰った。

畦道に出た・・・”寒い!”では済まない、遮るもののない畦道は風が吹き付ける。

IMG_3430_20190103152619963.jpg

午後になっても溶けない田んぼの氷、寒いはずだ、足早に畦を抜けた、風が遮られるお寺の境内へ直行。
予想通りに風が当たらに境内、身体も温まった、お茶を飲んで一息ついた。

IMG_3433_201901031526197ea.jpg

境内の”ソシンロウバイ”が咲き出した、蝋梅科だがロウバイのように花芯に茶色が無いので判別しやすい。

蕾がたくさんのロウバイの木が賑やかだ。

IMG_3464_20190103152618278.jpg

エナガの群れが遊ぶ、相変わらずの忙しさだ、撮りにくい。

IMG_3471_201901031526187df.jpg

後ろ姿も美しいエナガ、今年もよろしく!

長居は無用、自宅へ帰ろう、岩屋堂の入り口から裏道でいつもの池方面に歩き続けた。

水のない池にこの日も3名の釣り人、池の奥はどうなっているのだろう?、奥に歩いた。

IMG_3407_20190103152539431.jpg

浅い水溜りしか無くなった池にルアーが飛ぶ、白服の少年が重そうにして声を上げた。

IMG_3417_2019010315253968e.jpg

大きな鯉だ、釣ったのではない、浅い水溜りをルアーを引き回すので鯉のしっぽにルアーが引っかかったのだ。

IMG_3416_201901031525396ef.jpg

受難だ、たくさんの魚が小さな水溜りに生きざるを得ない状況、そっとしてあげれば良いのに。
これは釣りだと言えないと思う、白服の少年も鯉を釣る意志は無い、鯉は暴れてようやく針が外れた。

IMG_3405_2019010315254075d.jpg

そんな様子を遠くから見つめていたカワセミ君、彼には絶好の餌場だろう、釣り人が去るまで待つのかもしれない。

ハザードマップ作成の為だというが、水を抜いて何を調べるのだろう、深さ?、広さ?
この池は決壊しても鳥原の里の民家までは水害を及ばさない場所にある、絶滅危惧種も去った
雨水だけが水源の池、元の姿になるまで数年以上はかかりそうだ、なんだか寂しいのはmarukeiの我儘としておこう。

コメント