FC2ブログ

”極上の陽だまり”

暖冬だとか平均気温が高いとか、でもやはり冬は寒い、西風に押されて寒さに耐えながら歩いた。

岩屋堂の渓谷脇に”暖かそうな陽の溜があった”。

IMG_3472.jpg

風も遮られて陽の光が心地よい、夕食の献立を考えたり、取り留めのない事を思い出したり・・・。

”極上の陽だまり”を楽しんだ、こんな時間の過ごし方も悪くは無い、そんな寒い冬の午後だった。



相も変わらずいつもの散歩道、薄手の手袋では寒さを凌げなくなってきている。

IMG_3455_20190106161705745.jpg

昨年末からの寒さのせいで緑だった畦の土手も”冬枯れ色”になってきた、毎朝に霜が降りている。

春の野草を探しながら歩いた。

IMG_3456_20190106161705538.jpg

冬のタンデライオンは春色。

IMG_3453_20190106161706476.jpg

葉っぱが枯れ色になりつつあるホトケノザも春色。

探せば冬に似合わない野草が咲いている。

IMG_3457_201901061617049ee.jpg

タネツケバナが西風に揺れる、白い花は初夏色。

IMG_3429.jpg

オオイヌノフグリは極めつけの春色だ、畦の土手、よくよく探すと”春色に出会う”。

途中で畦道を横断、外周路に入って菜の花が植えられている畑に向かった。

IMG_3458_20190106161704abc.jpg

marukeiは冬が嫌いなわけでは無い、むしろ好きな方だが・・、やはり”春”が良い、菜の花が咲き乱れる春が良い。

あまりにも立ち止まりすぎた、身体が冷えてしまった、歩いて温めよう、カメラをしまって歩き出す。
必ず寄り道する寺も通過、岩屋堂の渓谷上部まで歩き通した。

IMG_3475.jpg

昨年末に降った雪が溶けずに残る渓谷の上部、森の中は寒い、温まった身体も急速に冷えていく。

戻ろう、もみじ橋が見える場所が午後の光で煌めく、そして見つけた極上の陽だまり。

IMG_3477_2019010616173437e.jpg

景色を見ながらゆったりとくつろいだ、ずいぶん長い時間いたような気がしたが15分くらいだった。

帰りは西風に向かう、テクテクと歩き通す、水溜りだけの池にこの日も釣り人が何人もルアーを飛ばす。

水のない水辺後に野鳥も飛来しなくなった、池を横目に見ながら立ち止まらずに戻った。

コメント