FC2ブログ

”春への準備”

暖冬といえど陽射しが陰れば寒さが沁みる、北風が吹くと尚沁みる。

それでも春への準備が進む植物たち。

IMG_3601_20190109155404180.jpg

赤いネコヤナギが真っ赤な冬の衣を脱ぐ準備を始めた、寒い田んぼの縁、弾ける春を思ふ。



午後になって薄い雲に覆われ始めた、季節風も強い、車で出かける気もないので定番である
いつもの散歩道へ向かった、陽射しが遮られた田園地帯は暗くて寒い。

IMG_3594.jpg

ジョウビタキが丸くなっていた、寒さを防ぐジョビボール、marukeiも羽毛が欲しい。

IMG_3598_201901091554046ba.jpg

電線にはカワラヒワが身を寄せ合うに連なって停まる、羽毛でも寒いのか?、等とつぶやいてみた。

IMG_3600.jpg

田んぼの中ではキジバトが”落ち穂拾い”、癒やされる景色だ。

IMG_3518_201901091553225a5.jpg

落ち穂は鳥たちの貴重な食源、ケリも数羽で落ち穂探し、癒やしの景色に足が止まる。

田園地帯の抜け口、日当たりの良い土手を飾る野草。

IMG_3521_20190109155322ba1.jpg

強い雑草、ペンペングサが花を開き始めた。

IMG_3520_20190109155322d3c.jpg

咲いたまま越年したキランソウ、春の野草も健在の暖冬。

いつものように寺の境内へ向かって歩く、少しだが身体が温まって来た。

IMG_3603_2019010915540370c.jpg

境内は冬枯れ色、淋しき景色だが所々で春への準備が始まっていた。

IMG_3522_2019010915532112c.jpg

梅の木に寄生している”カヤラン”が緑の葉を伸ばし始めた、春には黄色い可憐なランの花を咲かせる。

IMG_3523_201901091553215a0.jpg

梅の木も少しずつだが綺麗な花を咲かせ始めた、寂しい境内に色が付き始めた。

IMG_3609_20190109155403aeb.jpg

ヤブツバキが色を添える、ヤブツバキの花が落ちる頃には春が来るだろう、そう遠くはなさそうだ。

陽射しは戻らない、午後3時をすぎるとどんどんと気温が低下していく、帰りどきだろう。

昨日、レンズがガタガタと勝手に動く我がカメラ、摺動部にオイルを塗ってみた、今日はエラーが出なかった。
治ったわけでは無い、買い替え時が近づいた・・・しかし年金暮らしのmarukeiは高い機種は買えない、悩みそうだ。

コメント