FC2ブログ

”飽きることが無い散歩道”

blogを開始いて6年経過、そして散歩記事になった、その散歩は自宅から歩いて鳥原の里経由
岩屋堂と神田池を歩いて自宅へ戻る周回散歩が主となった、何百回以上も歩いているが飽きることは無い。

IMG_3644_20190114155735425.jpg

この日も同様、冬枯れの鳥原の田園地帯から岩屋堂経由の周回散歩だった、少々寒いが天気晴朗の散歩日和だった。



新年会で長時間座っていたら股関節が痛んでしまった、その調整のためにユックリと散歩したい。
いつもの散歩道が良いだろう。

畦を抜けて岩屋堂に近づく。

IMG_3645_201901141557350c5.jpg

青空に高速道路近くの送電鉄塔の電線がきらめく、岩屋堂近辺の鉄塔は殆ど制覇したmarukei。
低山迷いは送電鉄塔で救われる可能性が大、理由は必ず保守の為の巡視路があるからだ、そんな事を考えながら歩く。

IMG_3646_20190114155734b80.jpg

スイセンも花数を増やす、咲けば咲くほどに春が近づく。

IMG_3649_201901141557342a7.jpg

お寺の境内、”満月ロウバイ”が咲く、初めての名前、実は枝に名札がついていた、”¥1900:満月ロウバイ”の表示。
(ソシンロウバイから選別された早咲き品種で、花の黄色がより鮮やか。花びらが丸みを帯びていることから
                     埼玉県川口市の園芸業者が満月蝋梅と名付けたとnetに書いてあった)

IMG_3648_20190114155734fc8.jpg

シキミの花も咲きだしそうだ、毎日のように歩く場所だが日々に違う顔を見せる。

岩屋堂渓谷の中間点に向かった、股関節の痛みはやわらいできていた。

IMG_3653_20190114155751b99.jpg

廃業した旅館の庭先、ソシンロウバイが七分咲き、境内の満月ロウバイと見分けがつかない、綺麗だ。

工事中通行止めの渓谷の左岸、行けるところまで歩いた、花芽が見たかった。

IMG_3650_201901141557341d5.jpg

クロモジの花芽、膨らみ始めた、愛らしい花が開くと華やかな森の春がやってくる、待ち遠しい春。

見たいものを見たので戻ることにした、さらにゆっくりと歩いていつもの池まで歩き通した、そしてお茶休憩。

IMG_3655_20190114155750a17.jpg

水の無い神田池、この日も釣り人一名、水溜りにルアー、受難続きの魚達、”雨よ降れ、水よ溜まれ!”

IMG_3726_2019011415575036c.jpg

手前の藪にベニマシコの娘さん、可愛いモデルさんを撮ったら自宅へ向かった。

歩いた効能、股関節は良くなった、ゆっくりでも散歩は大切だと改めて思った、日常のリズム回復が何よりだった。

コメント