FC2ブログ

”トラツグミ”に出会った

寺の境内、ガサガサと音がしたら中型の野鳥が飛び出して梅の木の枝が複雑に交錯する方向に消えた。
ダメ元で静かに近づいてみた、そして視認したが何の野鳥かは判別できない、望遠でファインダーを覗いた。

IMG_3796_201901201609000a1.jpg

”トラツグミ”だった、是非にも出会いたい冬の野鳥一番手、嬉しくて、そして興奮した時間を過ごした。



最近の散歩は自宅から歩く事が多い、この日も鳥原の里から寺経由の周回、いつもの散歩道だった。

IMG_3782_20190120160820ed3.jpg

畦を抜けた場所の民家の庭先で百舌が鳴く、冬の田園地帯の王者の野鳥だ。

IMG_3783_20190120160819e02.jpg

実を食べるとは思えないがツルウメモドキに囲まれた場所に移動した百舌、絵になる光景だ。

IMG_3785_20190120160819d12.jpg

散歩道の白梅も少しだが開花しだした、白く膨らんだ蕾はたくさんある、2月の中旬には満開になりそうだ。

いつものように寺の境内でお茶休憩、先代のご住職夫妻が車でご帰還、トランクから重たい肥料の袋を降ろす。
重たいので閉口している、手伝いますと告げて降ろした、裏庭の花鑑賞フリーパスを頂いている御礼だ。

IMG_3789_201901201608182df.jpg

寺の名は”浄源寺”、聖武天皇の代(724~48)の時に天皇の病気平穏を記念して薬師様を祀ったのが起源と
言われている、岩屋堂の祠は今はこの寺の奥の院だ、ご本尊は豊川稲荷に安置されているという。

鐘楼の前でご住職夫妻と別れた、何気に鐘楼を見ていたら四隅の”木鼻”彫刻に気が行った。

IMG_3788_2019012016081917a.jpg

”木鼻”の彫刻には色んな生き物が題材になると昔調べたことがある、”獏”、”象”、等など・・・。

IMG_3787_20190120160819988.jpg

ここの木鼻は”獅子”みたいだ、白い目、緑の歯、赤い口、三色の爪・・・迫力ある、しげしげと見たのは初めてだ。

立ち去ろうとしたら境内の地面から野鳥が飛び立った、それが”トラツグミ”だった。

IMG_3794_201901201609008a7.jpg

梅の枝に悠然と停まる、動きも無い、何やら食べ戻して葉っぱを口から出していた。

IMG_3803_20190120160859d63.jpg

初めての経験、トラツグミは枯れ枝や枯れ葉ごと丸呑みして最後に実だけにして食べるんだ!まん丸の木の実。

この地に引っ越したのは30数年前、冬の夜はトラツグミ(俗称は鵺)の声で眠りについた。
寂しく気味悪い鳴き声だった、夏は夜鷹の鳴き声で眠った・・・今は昔、開発が進んで鳴き声は聴かれなくなった。

木の実を食べ終えて最初に飛び立った場所に飛んで降りたトラツグミ。

IMG_3805_20190120160859095.jpg

独特の尻振りダンスが見られるかもしれない、更に近づいた・・・目が合った、驚いて飛び去ってしまった。

トラツグミと20数分お付き合いいただいた、大満足したので寄り道せずに帰り道を歩いた。

IMG_3806_20190120160859edc.jpg

水が抜かれた神田池でいつものように二度目のお茶休憩、この日も釣り人は居た。

そして嬉しいことに水が少しだが溜まり始めているようだ、先日は見えていた場所が水で隠れていた。
豪雨でも振らない限り水が溜まるのは相当に長い期間が必要だろう、魚たちが生き延びれば良いが?

とてもラッキーな散歩だった、こんな日は気合が入る、板長仕事を頑張った。

コメント