FC2ブログ

気の早い”ゲンゲ”

北西風が”ピュウピュウ”と唸りをあげる午後、里の散歩で済まそうと思った。
おやつのパンが無いのでコンビニへ、西品野に向かった、買い物後に毎春にレンゲが咲く地を訪ねた。

IMG_3977_20190126163207d12.jpg

信じられない光景が待っていた、枯れ草の間から”ゲンゲ”の花が咲いていた、真冬の最中だ、訪ねて良かった。



自宅を出るのが憚れる強風、でもパンも食べたい、重装備で出かけた。
流石に寒い、歩けば何とか温まるだろう、背中を丸めて歩き始めた。

IMG_3994_20190126163230cf5.jpg

♪垣根の垣根の曲がり角・・・、懐かしさ音楽を鳴らした移動灯油販売車、寒いのでポリタンクが出ている、商売繁盛だ。

いつもの田園地帯を抜けて別れ辻。

IMG_3972_2019012616320817f.jpg

我が里に多い庚申塚、辻の分岐に数多くある、街なかでは見られなくなった庚申塚、江戸時代に築かれた塚も
明治になって撤去されたとwikiに紹介されている、寒さの午後はモノトーンの世界が似合う。

IMG_3973_20190126163208723.jpg

コンビニの手前、陶器の原料を造る作業所の裏庭、丸くプレスされて並んでいるのは粘土の製土、瀬戸の原風景だ。

パンを買ったら西品野の川沿いを歩くことにした、そしてゲンゲの花を愛でることが出来た。

IMG_3980_201901261632078bf.jpg

川を遡る、斜面の浚渫と補修が行われていた、掘り起こされた土から虫の幼虫でも出てくるのだろう。
コサギやダイサギがそれを求めて集まってきていた、自然のサイクルに人が関わる、良いことだ。

IMG_3981_20190126163207662.jpg

北西風は強いが風が止むと暖かい、おおらかな景色を見ながら国道を渡って井山の里へ、そのまま里を歩き抜けた。

IMG_3990_2019012616323093c.jpg

いつもの里、鳥原まで戻った、見慣れた風景が待っていた、風は相も変わらずに強く吹き抜ける。

IMG_3989_2019012616323122d.jpg

カワラヒワが群れて田んぼから木に移る、しかし、強い風に木が揺れる、カワラヒワも停まれずに離れるものもいる。

IMG_3986triq.jpg

鳶も空高く飛べない、あまりにも風が強すぎる、そんな光景を見ているだけで幸せな気分になる。

毎日が日曜日のmarukei、良いのだろうか?、こんな環境をこさえてくれた妻に感謝だ。

IMG_3991_201901261632309a7.jpg

今朝は粉雪が舞った、日が陰る、西の空を見てみた、伊吹山の方面から雪雲が早い速度でやってきていた、帰ろう!

IMG_3995_20190126163229b75.jpg

自宅近くの用水路脇のアセビが一輪咲き出した、こちらも気が早い、寒波だが春は直ぐ側まで来ている。

コメント