FC2ブログ

”冬の蝶”

成虫越冬する蝶とは言えまだ1月、冬真っ只中に”蝶”に出会った。

IMG_4070_2019013115255613a.jpg

”テング蝶”、春一番に出現する蝶だ、しかし、暦も春ではない季節、1月に蝶を愛でるのは初めての経験だった。

昨日はダマシダマシで使っている我がカメラ、この蝶を撮るのに苦労した、ガタガタと音を立てて振動するレンズ
何ともならない、無理やり連写でかろうじて3枚だけ写っていた、失意の山道歩きとなった。



好天、そして暖かい午後、何故かしら歩く気満々状態のmarukei、久しぶりに山道を歩きたくなった。
岩屋堂、東海自然歩道から分岐する名もない山道、その尾根の最高点近くに”蛙岩”と名付けられた岩がある。

そこまで歩いて往復しようと思い立つ、距離があるので車で岩屋堂へ向かった。

渓谷の右岸を歩いていたら”蝶”が舞う、一瞬見失ったが見つけることが出来た、喜んでカメラの電源を入れた。
望遠レバーを押すと画像が飛ぶ、ガタガタとレンズが震度する、末期的症状だった。

IMG_4067_201901311525562fd.jpg

テング蝶だ、何回かトライしたらとりあえず振動は停まったがピントが合わない、これでもマシな写真だ。

直ぐにガタガタ振動が再発、蝶が羽を広げた、スポーツモードでAFを自動にして闇雲に連写した。

IMG_4073_2019013115255648e.jpg

20枚以上写してたったの3枚だけが少々マトモに写っていた、ショツク!、心が騒ぐ。
廃業した旅館のソシンロウバイにジョウビタキが停まった、カメラの振動を試した。

IMG_4075_201901311525556cb.jpg

倍率5倍くらいまでなら振動しない事が判明、しかしピントが合わない、望遠なしで撮るしかなさそうだ。

カメラが温まると良くなるかも知れない、レンズを最大に伸ばして東海自然歩道に入った。

IMG_4076_20190131152555fa2.jpg

ガタガタと音がしっぱなし、緩やかだが上り勾配を歩く、レンズを縮めてパチリ、通常撮影は出来そうだ。

IMG_4077_20190131152554bf0.jpg

尾根道は少しの距離だが平坦になる、次のカメラの選定と予算、妻にお願いしなければならない。
憂鬱だ・・・、現役引退した年は毎日のように自宅から歩き回った道、心はそこにあらずの状態だった。

IMG_4079_201901311526457b1.jpg

園地に到着、いつもならお茶休憩と自撮りを楽しむ場所だが、一枚撮っただけで歩き出す。

IMG_4080_20190131152645360.jpg

自然歩道分岐に到着、右に曲がれば雲興寺から猿投山に至る道、左は名もない山の道、歩行者が間違えないように
木止と黄色テープ、間違えれば瀬戸の奥、片草町や土岐の三国山に続く集落にたどり着く、長い長い尾根道だ。

IMG_4081_20190131152644ba8.jpg

カメラを叩いたり、電源の0N/OFFを繰り返したしながら歩いていたら突然にガタガタ振動が止まった。
眼の前にアセビの木があったので500mmまで望遠してみた、正常動作になった、二輪のアセビが咲いていた。

”蛙岩”を目指して急な上りを喘ぎながら歩く、意外と遠い、まだかまだかと気が焦る。

IMG_4082_20190131152644caa.jpg

歩き出して丁度一時間、蛙岩に到着、何年ぶりかの再会だった、カメラは正常に動く。

IMG_4083_201901311526441dd.jpg

人工的な造形なのか自然に出来きたかはわからないが、大きな穴の目、ガマガエルのような口元だ。

この山道は人が歩かない、marukeiは何度も歩いたがたった一人しか出会ったことがない、その人もビックリしていた。
静かな山道だが花も色づく木もない地味な道、静かに歩くだけが楽しみな道、アクセントはこの”蛙岩”だけだ。

尾根のピークはまだ先だ、標高422mの最高点の先まで歩いた。

IMG_4084_20190131152643194.jpg

岩巣山山塊で一番高い標高500m前後の無名峰が枝越しに見えれば最高点到着。
その先に下ったが時計をみたら午後1時半、これ以上下れば上り返しが辛い、折り返して帰りについた。

来た道を淡々と歩いた、分岐に戻り、園地もパスして歩き続けた、下りは太ももが辛い、膝も少々痛みだした。

IMG_4086_20190131152722410.jpg

華の無い山道に一輪のヤブツバキを見つけた、たったままお茶休憩、本日の初休憩だった。
そしてカメラの正常動作が続いていた、やはり温まると悪い症状が消える、でも買い替え時期なんだろう。

IMG_4087_2019013115272134f.jpg

歩きだして一時間50分、岩屋堂公園に戻った、冬枯れの公園には誰もいない、トボトボと歩いて車に向かった。

IMG_4089_20190131152721ced.jpg

車の脇にキジバトが餌を探して歩き回る、脅かさないように静かに近づいたがキジバトはビックリして飛び去った。

2時間少しの山道歩き、少々疲れたが元気だった、カメラの事で泡立つのは心だけだった。

rootzu.jpg

この日歩いたルート、距離はある、これなら初夏の蛇峠山くらいなら登れそうだ、少し安心した。

自宅に戻って妻に報告、”買ったら”のありがたいお言葉が帰って来た、欲しいカメラはあるが
高すぎる、重さも重要だ、望遠コンデジの選定に入った、背伸びせずにコスパと使い勝手で選ぼうと思う。

コメント