FC2ブログ

”はんぱなく喜んだ”

水が意図的に抜かれた今冬のいつもの池、まるで水溜りのようだった。
嬉しいのは釣り人だけ、生き残った魚たちが小さな域に凝縮している、毎日毎日釣り人だらけ。

marukeiの散歩でお茶休憩する場所でもある、少し増えた水際を眺めていたら遠くに白く動くものが見えた。
望遠してみたらミコアイサだった、急いで池の奥へ歩いた、そして静かに雑草の間から池を見た。

IMG_4182_201902041544523e8.jpg

”ミコアイサ”の♂、今冬は諦めていたカモ、ましてや出会いにくい”パンダ顔”、嬉しさは”ハンパなかった”



いつものように散歩のお茶休憩、水の枯れた池を眺めていた。
冬になればヨシガモを主として多くの種類のカモたちが訪れる池だったが、水が少ない池には一羽も来ない。

IMG_4175.jpg

入る川もなし、水は雨だけだ、少量の雨で水のある面積が増えたような気がする、アソサギがいた、釣り人もいない。
池の左奥に白い物が浮かんで入るように見えた、カメラを取り出して望遠してみた。

IMG_4179_20190204154425940.jpg

ミコアイサだった、それもパンダ顔の♂、興奮のmarukei、早速に池の奥に歩いた。

警戒心の強いミコアイサ、静かに慎重に背の高い雑草の間から池を見た。

IMG_4177_20190204154426475.jpg

カワウもいた、別のカワウも飛んできた、しかし場所が悪い、ミコアイサは見えない、少し場所を移動した。

IMG_4178_20190204154426109.jpg

カワウも警戒心が強い、黄色いジャンパーを着たmarukeiが目立つのだろう、カワウが慌てて飛び去った。
ミコアイサも逃げるかと思ったが警戒はしていたが逃げなかった。

IMG_4181_2019020415442586c.jpg

数えてみたら♂7羽、♀1羽の群れだった、距離は20m、こんな近くで見られるのは殆ど無い。

IMG_4185.jpg

♀も可愛らしい、暗いので我がカメラでは写しにくい。

IMG_4188_2019020415445173d.jpg

そのうちに仲良く泳ぎだした。

IMG_4183_20190204154452827.jpg

雑草が邪魔でしょうがない、意を決して移動することにした、そろり、そろり・・・近くにいたミコアイサに気づかれた。

大きな羽ばたきと共に一斉に飛び立つミコアイサの群れ・・・残念無念!、すべて飛び立った。

戻ろうとしたら対岸の岸辺に逃げずにいるカモを見つけた。

IMG_4192_20190204154451672.jpg

マガモだった、2羽いた。

IMG_4191.jpg

marukeiを視認してはいたが逃げずに遠くを泳ぐ、一時的だろうが今冬は諦めていた神田池のカモ。
嬉しくて嬉しくてニヤついてしまった。

IMG_4172_20190204154427fae.jpg

道路に戻って家路に戻る途中、ジョウビタキのお姉さんの見送りを受けた、本当に”メンコイ”
冬鳥の中で一番に愛してやまないジョウビタキの♀、ルンルン気分で戻ることが出来た。

コメント