FC2ブログ

”エナガ”

冬は野草も無い枯れた森、被写体は”野鳥”が多くなる。
特に冬の野鳥は人気の野鳥、しかし、出会える機会は多くない、年中いる野鳥は留鳥と言われる。

木の葉が枯れた季節は隠すものも無い、留鳥たちを撮るチャンスは四季の中で冬が一番だ。

IMG_4202_20190210161341d7c.jpg

留鳥の”エナガ”、愛くるしさは類を見ない、好かれる野鳥だ、一所懸命にカヤトに停まろうとしている姿、”可愛い!”



今年二度目の海上の森、1月4日以来の訪問だった、今の季節は森歩きや物見山を訪ねる人が多い。
野鳥狙いのカメラマンも多い、この日のmarukeiは最初はどちらでもなかった、足と膝の調整のつもりだった。

駐車場を一回りした。

IMG_4206_20190210161340f30.jpg

遠くだが木の枝に”シロハラ”を見つけた、地面にいる事が多い冬の野鳥、木の枝にいるのは珍しい。

IMG_4208_201902101613403e9.jpg

近づいて大きく撮った、凛とした姿、カッコいい。

これで決まった、野鳥を探しながら2~3kmを歩いて足と膝の調整をしよう。

IMG_4224_20190210161429db6.jpg

冬晴れの森の中、四ツ沢から左折して篠田池方面に歩いた、緩やかな上りなので調整に丁度よい。
ピークに到着、海上の中道分岐だ、そこで引き返した、四ツ沢に近づいた時だった、野鳥が目の前を横切った。

IMG_4214.jpg

路傍の低い木の枝に停まった、地面に膝をついて撮った、顔が撮れない、何とルリビタキ君だ。

膝の具合も良くないので立ち上がって彼が出てくるのを待つしか無かった。

IMG_4217_20190210161429394.jpg

強運のmarukei、彼は上の枝に出てきた、後ろ姿だが”幸せの青い鳥”が撮れた。

IMG_4221_20190210161429c88.jpg

鳥撮の方々はルリビタキの♂を待って撮るために半日を費やすらしい、marukeiはやはり鳥運が良いほうだろう。

しばらく遊んで貰って四ツ沢に戻った、里方面に歩いた、里の手前で折り返した、市道の斜面に咲く野草を見つけた。

nioiyatitubo.jpg

”ニオイタチツボスミレ”、海上の森の春を彩るスミレの一つだ、早い開花だ。

駐車場に行く橋の脇が賑やかだ、エナガの声だ、見てみたら群れで遊んでいた。
エナガは撮りにくい、その場にとどまることは無い、直ぐ動くので撮るのは大変だ。

IMG_4204_201902101613418c3.jpg

我がカメラの画像はトリミングすると画像が荒くなって使い物にならない、望遠連写で追いまくるが・・・。
ピンボケ写真だらけだった。

IMG_4200_20190210161341190.jpg

画像を見た妻に言われた、”後ろ姿の撮影は上手いネ!”、その通りだ、後ろ姿はボケていなかった。

足も膝も痛まずにすんだ、わずか3kmくらいの歩きだったが良い調整になった、そして野鳥にも出会えた。

春めいてくると海上の森に出かける機会は多くなる、山野草の季節が待ち遠しい。

コメント